『アルフレッド・アドラー 一瞬で自分が変わる100の言葉』が8月30日にダイヤモンド社から発売されたことを記念して、20万部突破の第一弾『アルフレッド・アドラー 人生に革命が起きる100の言葉』を特別公開します。アドラーの厳しくもあたたかい言葉に、あなたも勇気づけられてください。

歪んだ私的論理に基づく性格では幸せになることはできない

 ライフスタイル(=性格)は千差万別、十人十色です。とはいえ、幸福な人生を歩む人に共通する特徴と、逆に不幸な人生を歩む人に共通する特徴は存在します。それはコモンセンス(共通感覚)と合っているかどうか、です。

 コモンセンスとはコモン(共通)なセンス(感覚)という意味です。つまり「個人にとっても組織や家庭などにとっても、共に受け容れられるような意味づけ」をコモンセンスと呼んでいるのです。このコモンセンスは辞書を引くと常識と訳されています。しかし、アドラーは「コモンセンスが必ずしも常識と同じであることはない」と言っています。

 例えば子供は学校に通うべき、というのが世の中の常識ですが、もしも学校でひどいいじめにあっていたとしたら、無理をして行くべきではないでしょう。この場合は、あえて学校に行かないことがコモンセンスである、とアドラーは言っているのです。

 そして、アドラーはこれと対比する形で私的論理という言葉を提唱しています。これはコモンセンスの逆であり、「個人にとってだけしか受け容れられない、共同体では受け容れがたい意味づけ」を指しています。歪んだ私的論理だけで生きていては必ず人生が行き詰まります。

 今からでも遅くありません。ライフスタイルをコモンセンスに添った形に改めていくことが必要でしょう。それが幸福に生きるための方法なのです。

アルフレッド・アドラー Alfred Adler(1870年-1937年)
オーストリア出身の精神科医、心理学者、社会理論家。フロイト、ユングと並んで現代のパーソナリティ理論や心理療法を確立した1人。個人心理学(アドラー心理学)を創始し、『7つの習慣』のコヴィー博士、カーネギーらに影響を与えた。「自己啓発」の源流である。

※本連載は日曜日以外の毎日更新します。