HOME

メタボリック

肝臓

腰痛・肩こり

高血圧・高脂欠症

うつ・ストレス

ニオイ

薄毛

老化防止

禁煙

男の病気

ストレスフリーな食事健康術 岡田明子

「下痢で痩せる」は勘違い!食事で治すには朝食から

岡田明子 [管理栄養士]
【第38回】

前回の便秘に続き、今回は食事による「下痢」の改善方法について取り上げたいと思います。便秘も下痢も、体調の異常に気付く重要なサインであると共に、食生活を見直す良い機会となります。(管理栄養士 岡田明子)

日本人に多いのはストレス性の下痢
暴飲暴食、冷たいものも原因になる

 下痢は、水分が多い便が排泄される状態です。毒素や消化できなかった食べ物を体から追い出すために起こります。便に含まれる水分には栄養分や体液も混ざっていますので、下痢が続くと体力が低下することもあり注意が必要です。

 一時的な下痢は「急性下痢」と言われ体の冷えや暴飲暴食による軽い症状のものや、激しい腹痛を伴う食中毒のような重い症状のものがあります。また、継続的に続く「慢性下痢」と言われるものやストレスで起こる「過敏性腸症候群」があります。

 下痢の原因は複数あります。ウィルスや細菌などによる食中毒や感染症から起こる下痢はすぐに病院で診てもらう必要があります。下痢が3日以上続いたり、熱、吐き気などの症状が治まらない場合は早めに病院に行きましょう。

 それ以外で日本人に多い下痢は、ストレスによる「過敏性腸症候群」です。緊張や不安などのストレスによって自律神経が乱れ、交感神経と副交感神経のバランスが崩れることで下痢を引き起こしてしまいます。大事なプレゼンの前や、通勤途中などにトイレに駆け込む場合がありますが、こうしたケースは過敏性腸症候群を疑われることが多いでしょう。

 また、牛乳を飲むと下痢をする人は牛乳に含まれる「乳糖」を分解する酵素が足りないために起こります。暴飲暴食や冷たいものの食べ過ぎでも下痢は起こるので普段の食習慣の見直しも大切です。

1 2 3 4 >>
関連記事
このページの上へ

岡田明子 [管理栄養士]

同志社女子大学管理栄養士専攻卒業後、高齢者施設に勤務し、利用者の食事管理を行う。その後ダイエットサプリメント会社の立ち上げに関わり、自身の13kgのダイエット成功経験をいかして「食べてキレイに痩せる」ダイエットメソッドを確立。その後、独立しヘルスケア関連を中心にレシピ監修や商品開発、講演や執筆活動、テレビなどのメディア出演などを精力的に務めるほか、個人への食事サポートも行い、ダイエットなどに悩む方への個々の生活習慣に合わせた的確な指導に定評がある。食事アドバイスサポート実績は延べ1万人に及ぶ。2014年一般社団法人NS Labo(栄養サポート研究所)を設立し、栄養士、管理栄養士をサービスパートナーとして、健康事業のサポートとヘルスケア分野で活躍できる人材育成を行っている。著書に『朝だから効く!ダイエットジュース』(池田書店)がある。ブログはこちらから。


ストレスフリーな食事健康術 岡田明子

健康になるためには食事が大切。でも、健康的な食事=おいしくない、量が少ない、味が薄い…。そう思い込んでストレスになっている人も少なくないはず。この連載では、そんなイメージを脱するような健康になれるのに我慢しなくていい、ストレスフリーな食事術を紹介。1万通り以上の食事パターンを分析し、何千人もの方のダイエットサポート実績がある管理栄養士の岡田明子さんがお教えします!

「ストレスフリーな食事健康術 岡田明子」

⇒バックナンバー一覧