ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
今週のキーワード 真壁昭夫

「政治は市場よりも強い」と考えたドイツの大誤算
政治機能の低下が招く信用不安は欧州危機に止まらず

真壁昭夫 [信州大学教授]
【第203回】 2011年11月29日
著者・コラム紹介バックナンバー
1
nextpage

ギリシャ、イタリアからフランスまで
信用不安を飛び火させる政治機能の低下

 世界的に政治の機能低下が顕著になっている。たとえば、ユーロ圏の信用不安問題が拡大している背景には、政治の力が弱くなっていることがある。

 信用不安問題の発端となったギリシャでは、ユーロ加盟と同時に低金利で国債を発行できる“身の丈”以上の信用力が付いたという幻想に取りつかれ、同国政府が債務額をごまかして多額の国債を発行し、それによって大盤振る舞いをしてしまった。

 それが、リーマンショック以降の景気低迷で顕在化し、同国の実質的な財政破綻へと繋がることになった。

 2010年5月、ギリシャが事実上の財政破綻に追い込まれた後、同国政府は自国で問題の解決策を見出すことができず、EUやIMF、ユーロ会議などに頼らざるを得なかった。そして、10月26日のユーロ会議で解決策が示されると、今度はパパンドレウ首相が、こつ然と国民党投票実施の発言を行ない、世界の金融市場を震撼させた。

 次いで、問題が飛び火したのはイタリアだ。イタリアの経済規模は大きく、国民の同意を得て、徐々に財政削減を実施することができれば、同国の国債の信用力がここまで落ち込むことはなかっただろう。

 しかし、ベルルスコーニ前首相の政権運営能力には、かなり以前から疑問符を付ける向きが多く、実際、今回の信用不安問題に対してほとんど有効な政策を打つことができなかった。

 その結果、同氏は辞任し、後任の経済学者であるモンティ氏にバトンタッチされたが、今のところ信用不安の火の勢いは低下していない。

 それどころか、信用不安の波は、フランスやドイツ、オランダなどの中核国にまで広がる懸念が高まっている。そして、大西洋を渡った米国でも、赤字削減案に関する与野党間の協議が決裂した。

 こうした世界的な政治機能の低下を見ていると、今後、リーマンショックの再発、さらには1930年代のように大恐慌発生の懸念が高まっていると考えた方がよいだろう。

1
nextpage
関連記事
スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR

話題の記事

真壁昭夫 [信州大学教授]

1953年神奈川県生まれ。一橋大学商学部卒業後、第一勧業銀行(現みずほ銀行)入行。ロンドン大学経営学部大学院卒業後、メリル・リンチ社ニューヨーク本社出向。みずほ総研主席研究員などを経て現職に。著書は「下流にならない生き方」「行動ファイナンスの実践」「はじめての金融工学」など多数。


今週のキーワード 真壁昭夫

経済・ビジネス・社会現象……。いま世の中で話題となっているトピックス、注目すべきイノベーションなどに対して、「キーワード」という視点で解説していきます。

「今週のキーワード 真壁昭夫」

⇒バックナンバー一覧