ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
就活前に知っておきたかった「内定の常識」
【第4回】 2011年12月12日
著者・コラム紹介バックナンバー
田口久人 [ヤングキャリアコンサルタント]

会社説明会の前後が大事だった?!
企業選びに失敗しないための質問とは?

1
nextpage

12月から本格的な就職活動が始まりました。
4回目は、企業選びに失敗しないために、親がかけてあげるべき言葉がけを紹介します。志望する会社の良い点だけに目が行ってしまう学生もいるので、悪い点について親子で話せるといいですね。
※本連載は、『内定の常識~就職活動前に知っておきたかった52のこと』の内容を親が実践しやすいように「就活力を上げる言葉がけ」にアレンジし紹介しています。

説明会で聞いた話を鵜呑みにしない

 会社説明会や就職セミナーに参加する目的は何だと思いますか?

 一般的には、企業の情報を集めるため、もしくは社風を体感するためだと言われています。でも、それらに参加すれば、本当に会社の実態が分かるのでしょうか?

 企業が、会社説明会を開くメリット。それは、いい人材を集めるためです。つまり、たいていは良いことしか言わない企業が多くみられます。

 たとえば、このような言葉を耳にするかもしれません。

 「弊社は、入社1年目でも大きな仕事を任せる」

 新入社員に本当に大きな仕事を任せるとは考えられません。もしかすると、企業側の意図としては、「新入社員にとっては大きな仕事」と伝えたかったのかもしれませんね。

就活力が上がる言葉がけ
⑥「なぜ、その企業に入らなかった人がいると思う?」

 まだ働いたことがない学生は、与えられた情報が正しいか判断する経験が少ない傾向にあるため、情報をそのまま鵜呑みにしてしまいます。なかには自分で考えようとする習慣が身についていないため、「疑う姿勢」が足りないこともあります。

 それを親が補ってあげるためには、次の質問が効果的です。

 「なぜ、その企業に入らなかった人がいると思う?」

 企業には良い点、悪い点が存在します。そこを冷静に判断しなければなりません。

1
nextpage
スペシャル・インフォメーションPR
  • ダイヤモンド・オンライン 関連記事
    借りたら返すな!

    借りたら返すな!

    大久保 圭太 著

    定価(税込):本体1,500円+税   発行年月:2017年7月

    <内容紹介>
    会社がつぶれないためには、会社に「お金」があればいい。つぶれない会社に変わるための「銀行からの調達力を上げる7つのステップ」や「儲ける会社がやっている6つのこと」、「つぶれそうな会社でも、なんとかる方法」などを紹介。晴れの日に傘を借りまくり、雨になったら返さなければいい、最強の財務戦略を指南する。

    本を購入する
    ダイヤモンド社の電子書籍

    (POSデータ調べ、8/6~8/12)



    田口久人 [ヤングキャリアコンサルタント]

    新卒専門のキャリアコンサルタント。東京都出身。慶応義塾大学を卒業後、広告代理店を経て「ヤングキャリア・コンサルタント」として独立。
    人気ブログランキングでは就職活動部門1位を獲得。
    米国NLP(TM)協会認定マスタープラクティショナー、JIPCC認定キャリア・コンサルタント、プロフェッショナル・キャリア・カウンセラー。

    http://www.geocities.jp/shukatunosusume/

     


    就活前に知っておきたかった「内定の常識」

    いよいよ12月から本格的な就職活動が始まります。今は、子どもの就職活動に両親が首を突っ込む時代。「親が関与することではない」といった批判もありますが、実は、内定が出る子の共通点は、家族で育めるような「当たり前のこと」なのです。本連載では、親が使える「就活力を上げる言葉がけ」を5回に渡りご紹介します。これをきっかけに、親子で就職活動について話し合う機会が生まれると幸いです。

    「就活前に知っておきたかった「内定の常識」」

    ⇒バックナンバー一覧