なぜ有名通販サイトは短期間で 商品購入のCV率を200%アップできたのか?

なぜ有名通販サイトは短期間で
商品購入のCV率を200%アップできたのか?

著者・コラム紹介

 深夜の通販番組でおなじみ「ワンダーコア」や「スレンダートーン」を販売するショップジャパン。サイトを運営するオークローンマーケティングはオンラインショッピングを10年近く展開する、ECに関するプロフェッショナルである。

 そんなECサイトの雄が困っていたことがあった。

 それは「商品の購入を迷う顧客の背中を後押しする案内方法」だった。以前から商品の購入一歩手前で迷うユーザーが多く、その対策として割引のクーポンを発行していたものの、満足がいく効果は得られずにいた。そこでWeb接客ツール「ecコンシェル」を導入したところ、短期間でCV(コンバージョン)率が200%アップしたという。

 なぜ、長年の懸案事項が短期間で解決できたのか?

 現在多くの「Web接客ツール」が出回っている中、AI(人工知能)を導入し、サイト分析→接客→自動最適化→効果検証を高速で回せるのは「ecコンシェル」のみ。ショップジャパンのECサイトに「ecコンシェル」を導入したところ、すぐにある事が判明。その施策を高速PDCAで回し最適化を図ったところ、短期間で「CV率の200%アップ」に成功したのである。

 AIによってサイト分析から効果検証までできる「ecコンシェル」。物販サイトだけでなく、あらゆるWebサイトで効果を得られるという。そのメカニズムと導入事例を開発担当者が語った内容を公開する。

この記事の詳細は以下からPDFを
ダウンロードしてお読みいただけます。

資料ダウンロードのご案内

AIが短期間で効果を上げる
Web接客ツールが
5000社で導入される理由

・老舗ECサイトも答えを出せなかった
 購入を後押しする案内とは?
・いきなりのクーポン発行が逆効果になることも
・顧客一人ひとりに合わせたWeb接客を可能にする技術
・高評価はAIによる高速PDCAだけではない
・最適な案内で顧客とWebサイトをつなぐ
 『ecコンシェル』

ダイヤモンド・オンライン
登録済(会員)の方は
こちらからお進みください

ログインで一部項目の登録が省略できます
※情報の修正や追加を行った場合は登録内容が更新されます。

※必ずお読みください

これからご登録いただくあなたの個人情報は、NTTドコモ(同社のプライバシーポリシーはこちら)に受け渡され、ご案内などに利用させていただきます。
ダイヤモンド社のプライバシーポリシーはこちら

DOLトップへ
お問い合わせ先

株式会社NTTドコモ

〒100-6150

東京都千代田区永田町2丁11番1号 山王パークタワー

E-mail:support@ec-concier.com