ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
エディターズ・チョイス
2011年12月19日
著者・コラム紹介バックナンバー

「マーケターは、夢を描く」
神田昌典が2012年にむけて伝えたいこと

1
nextpage

約14年前の1998年、今はカリスマ経営コンサルタントといわれる神田昌典氏が、処女作を出版した。そして、その作品は、2011年12月、『新版 小予算で優良顧客をつかむ方法――マーケティング常識11のウソ』となって帰ってきたのである。14年前の作品と聞いて、「古すぎて役に立たない」「当時とは環境が違う」という疑問があるかもしれない。しかし、今回新たに書き下ろされた「新版へのまえがき」と「章末コラム」を引用しながら、2012年を迎える今こそ、手にとっていただきたい作品であることをお伝えする。(構成:編集部 村田康明)

無名の男の「非常識」が、マーケティングの「常識」へ

 本書の一字一句は、カリスマ経営コンサルタントと世間では呼ばれている「神田昌典」により書かれたものではない。「本当に食べていけるのか?」「本を書いたところで、誰が読んでくれるのか」と不安に震えていた、独立した直後の、34歳が書いたものである。
  14年前、肩たたきで職を失った男が、怒りを頼りに自らを奮い起し、不安のなかで一字一句を紡いでいったのが本書である。
  それからときが経ち――無名の男が主張した「非常識」は、多くの人々に実践され、まねされ、改善され、そしてマーケティング分野における「常識」になった。(「新版へのまえがき」より)

 著者である神田昌典氏自身も語るように、『小予算で優良顧客をつかむ方法』は、肩たたきで失職し、再起をかけた神田氏によって書かれた作品だ。

 総合ビジネス誌で「日本一のマーケッター」とまで評される神田昌典氏が、今の姿からは想像もできないような、苦しい時代を乗り越えてきたのである。

 本書を手にとり、適当にページをめくって、パラパラと目を通していただいただけでも、上に書かれていることがウソではないとご理解いただけると思う。神田氏は、こうも語っている。

 悔しかった。だから、私は本を書いて、喧嘩を売った。メディア本位の広告代理店をこきおろし、理屈ばかりの経営コンサルタントを鼻で笑った。(「新版へのまえがき」より)

 もしかしたら、あなたの目に偶然飛び込んできた文章は、「読みやすい」ものではないかもしれない。現在の神田氏をご存じの方からすると、その荒々しさに驚きすら感じるほどでもある。しかし、そこに紡がれた一字一句には、力強く、そして明確なメッセージが残されている。

1
nextpage
スペシャル・インフォメーションPR
ダイヤモンド・オンライン 関連記事
自分の時間を取り戻そう

自分の時間を取り戻そう

ちきりん 著

定価(税込):本体1,500円+税   発行年月:2016年11月

<内容紹介>
生産性は、論理的思考と同じように、単なるスキルに止まらず価値観や判断軸ともなる重要なもの。しかし日本のホワイトカラー業務では無視され続け、それが意味のない長時間労働と日本経済低迷の一因となっています。そうした状況を打開するため、超人気ブロガーが生産性の重要性と上げ方を多数の事例とともに解説します。

本を購入する
著者セミナー・予定
(POSデータ調べ、11/20~11/26)


注目のトピックスPR



エディターズ・チョイス

ダイヤモンド社書籍オンライン編集部によるインタビューまたは厳選した特別寄稿。経済、産業、経営、社会問題など幅広いテーマを斬新な視点で紹介する。

「エディターズ・チョイス」

⇒バックナンバー一覧