「ECのミカタ」が解説する2017年のEコマース業界事情1

巨大な市場と親日的な文化だが、油断は禁物
中国・台湾のEC(Eコマース)進出で成功する方法

著者・コラム紹介
1
nextpage

日本の12倍以上という市場規模を持つ中国。日本の文化や商品に理解が深く親日的な台湾。EC(Eコマース)で海外進出を目論むとすれば、漢字文化圏で距離も近い二つのエリアは参入しやすそうに映る。だが、いずれも日本とは異なる成長過程をたどったマーケットであり、日本流にネットショップに品物を並べるだけでは成功は望めない。まず必要なのは、マーケットを知ることである。キーワードはSNSだ。(文/ECのミカタ)

 2016年における中国のEC市場規模(物販)は9276億米ドルで、日本円に換算すると90兆円を超える規模となっている。日本のEC市場規模は774億米ドルだから、実に12倍近い。この巨大なマーケットに当然、多くの日本企業が注目しているが、中国においては一般的に日本製品に対する信頼感が高いことなどから、多くの企業は現地に拠点や法人を設立せず、商品だけが国境を越えていく「越境EC」を軸とした戦略を採っている。

 「そこに胡坐をかくわけではないのでしょうが、きちんとしたマーケティングやPR活動を行わずに失敗するケースも少なくありません」と語るのは、アリババ・マーチャント支援部オペレーションマネジャーの木村良子氏だ。では、どのような点に注意するべきなのか。

 日本ではPCを使ったECからスタートし、スマホ対応が進んでいったという発展過程がある。しかし、中国ではいきなりスマホが爆発的に普及し、同時にSNSが浸透している。SNSによる情報接触やEC活用は日本以上に浸透しており、国境を越えたショッピングも、「近くの農家から新鮮でいい野菜を買うのと変わらない感覚。当たり前のショッピング行動」(前出・木村氏)であるという。

 そんな中国の顧客に訴える商品とは何か。「日本からの越境ECのターゲットは主に20代、30代の女性層です。彼女たちが購入するのは、友だちに自慢したくなるような商品、持っているとワクワクするような商品、SNS映えする商品です」と前出・木村氏は語る。

アクティブユーザー9億人以上!
会話も決済もこなす「WeChat」

 中国版のLINEとも呼べる「WeChat」への対応も必須となる。「WeChat」の月間のアクティブユーザー数は9億人以上と、きわめて大規模なSNSツールである。訪日した中国人観光客は、ショッピングをはじめとするさまざまな日本の情報を「WeChat」から入手しているという。

 なかでも注目すべきは『WeChat Pay』という決済機能だ。コンビニエンスストアなど店頭での支払いはもちろん、タクシーや公共料金、病院の支払や映画のチケット購入などでも利用されている。「『WeChat Pay』で一気に利便性が高まりました。今ではもはや中国人の生活インフラとして定着したといっても過言ではありません」(インタセクト・コミュニケーションズ営業統括部部長・塔筋栄作氏)。

1
nextpage

[PR]

DOLトップへ
お問い合わせ先

ECのミカタ株式会社

〒150-0021

東京都渋谷区恵比寿西2-7-3

いちご恵比寿西ビル 6F

TEL:03-6712-7531

E-mail:info@ecnomikata.co.jp

https://www.ecnomikata.com/


 
■この記事について
メディアポータルサイトの運営や専門誌の発行を通じてEC(Eコマース)業界を支援 するECのミカタが、2017年12月6日、同年の業界動向をまとめた「EC業界大図鑑 2018年版」を発表 した。同書の中から、巨大市場・中国と、コミュニケーションのインフラとして定着 した「LINE」におけるEC事情の解説記事を一部抜粋し再編集して、2回にわたってお届けする。
 
■ECのミカタ株式会社
2007年9月設立。代表・小林亮介。東京都渋谷区恵比寿。EC業界に特化した、月間60万PVのメディアポータルサイト「ECのミカタ」の運営、年間25万部刊行の専門誌「ECのミカタ通信」の発行を行う。EC業界の成長に伴い、情報が複雑化する中、EC業界の課題や悩みと向き合い、役立つ情報を提供することで業界全体の健全な発展をめざしていくことを編集方針としている。17年12月「EC業界大図鑑 2018年版」(ダイヤモンド社)を刊行。


DOL plus

「DOL plus」

⇒バックナンバー一覧