ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
SPORTS セカンド・オピニオン

2012年もスポーツ観戦でスタート。
なかでも箱根駅伝は3強激突で面白くなりそう

相沢光一 [スポーツライター]
【第184回】 2011年12月27日
著者・コラム紹介バックナンバー
1
nextpage

 大震災と原発事故に襲われた2011年が暮れようとしている。スポーツ界も少なからずその影響を受けたが、暗く沈んだ人々を元気づけたのも、再び立ち上がって戦いに臨み躍動したアスリートたちの姿だった。

 新たな年が始まる。大災害の痛手が癒えたわけではないが、全力を尽くして戦うアスリートから力を得られることも多いはずだ。新年に行われるスポーツイベントの見どころを紹介しておこう。

2012年は3強がしのぎを削り
面白くなりそうな箱根駅伝

 なにはともあれ今や正月の風物詩であり、多くの人が楽しみにしている駅伝から。

 例年通り、元日には全日本実業団ニューイヤー駅伝、2日、3日には関東の大学生による箱根駅伝が行われる。どちらも注目ポイントは多いが、とくに今回、見ごたえがありそうなのは箱根駅伝だ。

 ディフェンディングチャンピオンは早稲田大。前回は2位東洋大の猛追を受けたが、21秒差で逃げ切り、18年ぶり13度目の総合優勝を成し遂げた。早大は前年の秋に行われた出雲全日本大学選抜駅伝(出雲)、伊勢路を走る全日本大学駅伝(全日本)でも優勝しており、学生3大駅伝すべてを制覇。盤石の強さを見せつけた。

 といっても、鍛えられた上級生を揃えて勝ち取った集大成の勝利というわけではない。1区で果敢に飛び出し貯金を作った大迫傑は1年生だったし、4区で区間2位の好走を見せた前田悠貴は2年生。7区2位の三田裕介、9区2位の八木勇樹は3年生で、それぞれ1学年上がった今回もエントリーされている。前回の優勝メンバー10人中6人が残っているのだ。当然、今回の優勝候補にも早大の名がまずあがる。ところが連覇への道のりはかなり険しそうなのだ。

 前述したとおり、箱根駅伝の前には出雲、全日本というふたつの大学駅伝がある。この成績を見てみよう。

・出雲(10月10日)
1位=東洋大、2位=駒沢大、3位=早大

・全日本(11月6日)
1位=駒沢大、2位=東洋大、3位=早大

1
nextpage
関連記事
スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR

話題の記事

相沢光一 [スポーツライター]

1956年埼玉県生まれ。野球、サッカーはもとより、マスコミに取り上げられる機会が少ないスポーツも地道に取材。そのためオリンピックイヤーは忙しくなる。著書にはアメリカンフットボールのチーム作りを描いた『勝利者』などがある。高校スポーツの競技別・県別ランキングをデータベース化したホームページも運営。 「高校スポーツウルトラランキング」


SPORTS セカンド・オピニオン

サッカーから野球、大相撲や陸上に至るまで、あらゆるスポーツニュースを独自の視点で解説!スポーツニュースの「セカンド・オピニオン」を目指します。

「SPORTS セカンド・オピニオン」

⇒バックナンバー一覧