本連載では、話題の新刊『最先端科学×マインドフルネスで実現する 最強のメンタル』の内容から、エビデンスに基づいた最新科学の知見をもとに、現代人が抱える2大メンタル問題「ストレス」と「プレッシャー」を克服し、常に安定して高いパフォーマンスを発揮するための方法をお伝えしていく。

本格的にメンタルを鍛えるためには、
「脳」や「自律神経」へのアプローチが欠かせない

 ストレスに対してはリラックスし、日中の業務に対してはやる気を高め、眠りたい時にすんなり眠り、「ここ一番」では最高の集中力で挑む。

 そんな、あらゆる場面に応じた最適なメンタル状態をつくり出し、パフォーマンスをピークにまで高める方法をお伝えするために『最先端科学×マインドフルネスで実現する 最強のメンタル』を執筆しました。

 メンタル関連の書籍でよく目にするのが、目標設定やポジティブ思考、深呼吸の勧めではないでしょうか?

 これらの取り組みは、ある程度のパフォーマンスの改善に役立つことは間違いありません。しかし、人間のモチベーションや集中力など、メンタルをコントロールしているのは脳や自律神経なのです。

 つまり、脳や自律神経にアプローチせず、いくら表面的な部分を改善しても、効果は持続せず、長期的な変化、つまり行動の変化は引き起こせないのです。

 なにごとも三日坊主で終わってしまうのは、大もとの脳が変わっていないからなのです。

 真にポジティブ思考になるには、思い込みでは不十分で、脳機能が改善されない限り、限界があるということです。うつ病患者は、健常者に比べ、前頭前皮質の血流量が低いことがわかっています。つまり、この場合、まず行うべきは前頭前皮質の活性化なのです。

 前頭前皮質は、計画、実行など、人間のあらゆる行動に関わっています。当然、その前頭前皮質が不活性な状態では、行動を変えようとしてもうまくいかないのです。