ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
DOL特別レポートSPECIAL

【徹底調査】
首都圏472駅・中京圏96駅・関西圏226駅
住宅地評価一覧表から真の買い得駅を探せ!

2012年1月19日
previous page
2

【解説】「ひと目でわかる駅力」から読み解けること

 ここからは、「ひと目でわかる駅力」を読み解くに当たり留意すべき点を編集部より補足する。

■首都圏の「駅力」の補完、および「注目駅」

 総合評価で高得点を獲得している駅が、原則「注目駅」であると考えられるが、駅周辺の環境により、考慮すべき点がある。

 たとえばJR横浜線相模原駅は、北側の大半を米軍施設が占めており、街の機能は半分しかない。単純に面積比で得点を2倍にすると高得点となるのだが、今回は公平性を期す意味で、あえて補正は行わなかった。同駅を検討する人は、こうした要素を自分で勘案してみてほしい。東京メトロ有楽町線辰巳駅も同様に、倉庫群と海がかなりの部分を占めているため低得点になっている。

 東急田園都市線の鷺沼、藤が丘、中央林間も総合評価での点数が振るわなかった駅だが、じつは3駅とも文化度、育児度では、高評価まであと一歩のところにつけている。自分がよく知る駅周辺で、「入って当然だと思う駅が入っていない」ということはないだろうか。もう少しで注目駅の仲間入りをするだけの底力がありながら、価格が下降気味の駅があれば、「値頃感が出てきている」と考えられる場合もある。

■中京圏・関西圏の「注目駅」と「駅力」

 中京圏で評価の振るわなかった八事は、市営地下鉄名城線と鶴舞線の交差駅で、駅南側はイオンのショッピング施設を擁する戸建ての住宅街だ。一方、北側には中京大学、名城大学、興正寺、八事霊園などがあり、駅南の住宅街とは対照的。この駅も、単純に面積比で得点を2倍に補正すると、高評価な駅と考えることができる。

 関西圏では、阪急神戸線の夙川と御影が総合点で振るわなかった。共に阪神間の屈指の住宅地で、意外に思う人もいるかもしれない。共通しているのは、コンビニエンスストアと警察施設の少なさ。治安のよい落ち着いた住宅街だが、やや利便性に欠けるきらいがある。

 御影については、阪神御影に育児度で高評価を得た。従来は阪急御影が格上とされていたが、最近は阪神御影駅前の再開発に伴い御影クラッセが開業、利便性が高まったことが、点数の変化に表れている。

■「駅力」 首都圏駅

※画像をクリック

 

 

 

 

 

■「駅力」 中京圏96駅

※画像をクリック

 

 

 

 

 

■「駅力」 関西圏駅

※画像をクリック

 

 

 

 

 

※(参考)「駅力」の算出方法

※画像をクリック

 

 

 


 

*次回の更新は2012年2月2日の予定です。

これで完ペキ! 「王道」の住宅選び 表紙画像
この記事が収録されている「週刊ダイヤモンド」別冊 2012年2月19日号 『新築マンション・戸建て 「王道」の住宅選び!』の詳しい内容はこちらからご覧いただけます。

マンション、戸建ての「最新」新築物件情報を、売主のメッセージと一緒にお届けしている特設サイト「新築マンション・戸建て 「王道」の住宅選び online」もあわせてご覧ください。

 

previous page
2
slecial-information
関連記事
クチコミ・コメント

DOLSpecial

話題の記事


DOL特別レポートSPECIAL

注目企業や産業など、幅広いテーマを扱うDOL特別レポートのスペシャル版。

「DOL特別レポートSPECIAL」

⇒バックナンバー一覧