セルフブランディングのために複数のSNSを活用する場合、個別の運用は手間がかかる。単なる同時投稿だけでなく、読者離れを起こさせないために予約投稿もしたいし、フォロワー管理もフォロワーの管理もしたいところ。そこで活躍するのがTwitterやFacebook、Instagram、Google+、LinkedInの5つのSNSに対応するSNS管理アプリ「Statusbrew」の使い方を紹介しよう。

122
「Statusbrew」でTwitterやFacebook、Instagramなど5つのSNSに同時&予約投稿ができる

複数のSNSを1つのアプリから手軽に管理、投稿できる

 「Statusbrew」はTwitterとFacebook、Instagram、Google+、LinkedInに対応する、SNS管理アプリだ。それぞれのアカウントを登録し、「Statusbrew」から投稿できる。その際、投稿日時を指定する予約投稿機能や、複数のSNSに同じ内容を投稿する同時投稿機能を備えているのが特徴だ。まずは、基本操作からチェックしてみよう。

 「Statusbrew」にメールアドレスもしくはSNSアカウントでサインインしたら、利用するSNSを追加する。無料版では、5種類のSNSにそれぞれ1つずつまで設定できる。


122

TStatusbrew


作者:Statusbrew Private Limited
価格:無料


※アイコンの横の文字をクリックで、ダウンロードサイトにアクセスします。

122
まずは「Statusbrew」にサインインする。SNSアカウントでもいいし、メールアドレスでアカウントを作成することもできる
122
SNSアカウントでサインインするなら投稿の権限を許可する
122
サインインできたら、まずはアカウントを追加する
122
5つのSNSそれぞれのアカウントを登録しよう

 登録したSNSアカウントの横にある編集ボタンをタップしたり、SNSアカウントの詳細画面で「+」をタップすると、投稿の作成画面が開く。文章を入力したり、画像を追加する。なお、画像は、正方形に固定されており、スマホで撮影した写真はトリミングされる。右上の「+」をタップすると、他のSNSアカウントを追加し、同時投稿が可能。

 「次へ」をタップすると、投稿時間を選択する。「送信」なら即投稿され、「カスタム時間」なら予約投稿ができる。日時を選択したら「この時間に設定する」をタップすれば準備完了。「保存」をタップすると、「予約済み」一覧に登録され、設定時刻に自動投稿される。

 深夜など、誰も見ていないときに告知の投稿をしても意味がないので、朝に投稿するようにするといった活用法が考えられる。もしくは、夕方早くに飲み始めたので飯テロ画像を投稿したいが、ビジネス関係者にはまだは働いていると思わせるために、2時間後に投稿するようにするといった使い方もある。

122
アカウントの詳細画面で「+」をタップする
122
本文や画像、リンクを追加して「次へ」をタップする
122
「カスタム時間」をタップする
122
予約投稿する時間を設定する
122
予約完了。予定時刻になれば自動で投稿される
122
122
122
5つすべてのSNSに同時予約投稿してみたところ。それぞれきちんと投稿されていた

 投稿する際に、「カテゴリー」という項目も表示される。これは、あらかじめ設定した投稿タイミングを手軽に設定できる機能だ。たとえば、飲食店のイベントツイートは月曜日の10時、集客のためのサービスツイートは木金土曜日の17時、と決めている場合、いちいち手動で設定しなくてもよくなるのだ。

 もしくは、拡散されやすいと言われている時間帯を設定する手もある。朝6時前後や午後3時前後、午後7時前後といった複数の時間も設定できる。

122
「カテゴリーを追加」で投稿タイミングを設定する
122
週間イベント告知は月曜日の10時に投稿するように設定。後は投稿時に選ぶだけでいい

Twitterのオーディエンス管理機能が便利

 「Statusbrew」はTwitterのフォロー・フォロワー管理機能が充実しているのも大きな特徴で、Twitter管理アプリとして紹介されていることもあるほどだ。

 アカウント一覧から「オーディエンス」を開くと、初期設定では「フォローバックされていない」アカウントの一覧が開く。こちらがフォローしているのに、フォローしてくれていない相手ということだ。フォロー返ししてくれない人とは絡みたくない! というなら「×」ボタンをタップしてアンフォローできる。無料版の場合は、1日にフォロー・アンフォローできる数が制限されているので要注意。

 もちろん、フォローバックされていない人だけでなく、相互フォローやブロックユーザー、フォロー申請中といった様々なカテゴリーを選べる。また、検索ボタンから、フィルターを追加して絞り込んだり、表示する順番を任意の項目でソートすることもできる。

122
Twitterの「オーディエンス」をタップする
122
122
×をタップするとアンフォローできる。無料版ではまずチェックが付き、一定時間後に削除される
122
「クライテリア」タブで、表示カテゴリーを切り替えられる
122
検索アイコンをタップし「さらに」をタップする
122
詳細なフィルターを設定できる
122
「種類」タブでソート順を選択する

同じSNSに複数アカウントを登録するなら有料プランに

 「Statusbrew」の複数アカウントへの予約同時投稿は、個人のプライベート投稿というより、個人事業主や中小企業のセルフブランディングに活躍しそうだ。ビジネスだと、運用しているすべてのSNSに同じ投稿をしたり、効果を最大化するために投稿時間も管理する必要があるためだ。

 ビジネスに活用するなら、有料プランがオススメ。月額880円もしくは年額4400円を支払えば、フォロー・アンフォローが無制限になり、インサイトと呼ばれるアカウントの分析機能を利用できるようになる。また、合計5アカウントなのは無料版と変わらないが、その内訳は変更できる。つまり、Google+を使わない代わりに、Facebookはメインアカウントとビジネス用のFacebookページの2つを登録できるのだ。

 有料プランにすると、「インサイト」機能が利用できるようになる。7日/30日/1年といったアプリの利用期間ごとに、フォロワーやアンフォロワー数、いいねや投稿数などをグラフで確認できるのだ。SNSの運用成績を確認するのに役立ってくれる。また、フォローバックされていない相手の一覧から、直近にフォローしたばかりのユーザーを除外する機能も利用できるようになる。

122
無料版でできない機能をタップするとアップグレードを勧められる
122
Aviatorプランの価格は月額880円、年払いなら59%引きの4400円となる
122
Facebookページも登録できる
122
Aviatorプランで、FacebookアカウントとFacebookページを追加してみた
122
Aviatorプランでも、最大のアカウント登録数は5つまでとなる
122
フォローバックされていない相手から、フォローしたばかりのユーザーを除外する機能も利用できるようになる

筆者紹介─柳谷智宣

柳谷さん顔写真

1972年生まれ。ネットブックからワークステーションまで、日々ありとあらゆる新製品を扱っているITライター。パソコンやIT関連の媒体で、特集や連載、単行本を多数手がける。PC歴は四半世紀を超え、デビューはX1C(シャープ)から。メインPCは自作、スマホはiPhone+Xperia、ノートはSurface Pro3とMacbook Air。著書に「Twitter Perfect GuideBook」(ソーテック社)、「Dropbox WORKING」(翔泳社)、「仕事が3倍速くなるケータイ電話秒速スゴ技」(講談社)など。筋金入りのバーホッパーで夜ごとバーをハシゴしている。好きが高じて、「原価BAR」を共同経営。現在、五反田・赤坂見附・銀座で営業中。