ジャケットでほとんど隠れているからといって、おざなりにしてはいけない「シャツ」。今回は、シャツのお話をさせていただきます。(ファッションスタイリストジャパン代表取締役 西岡慎也)

アイロン掛けだけでは不十分!
シャツの清潔感を左右するポイントとは

アイロン掛けよりもさらに重要なのは、袖口や襟の汚れ落とし。洗濯前のちょっとした一手間が、シャツの清潔感を維持してくれます

 シャツで大切にしたいポイントは何でしょうか。いろいろあると思いますが、一番大切にしたいのは清潔感です。アイロンでシワを伸ばすことも、もちろん大切ですが、シャツで見落としがちなポイントがあります。それは襟と袖口です。

 1日着たシャツを見てみてください。襟と袖口がかなり黒く汚れているかと思います。このまま洗濯機に入れて洗ってしまうと、汚れが蓄積されていき、いくら洗っても落ちなくなってしまいます。これが黄ばみや黒ずみの原因になります。

 そこで必要になるのが、「下洗い」です。洗面所やお風呂場で襟・袖口用の洗剤を使って歯ブラシなどで軽くこすり洗いをしましょう。その後、いつもどおり洗濯機に入れて洗うだけです。このひと手間で、襟・袖口の仕上がりが劇的に変わります。

 シワのないピンとしたシャツでも、汚れがあっては本末転倒です。汚れやすいポイントをチェックして、清潔感を保ちながら長く着られるようにしていきましょう。