【北九州市】ものづくりの土壌が生み出すロボット関連産業の躍進

北九州市

ものづくりの土壌が生み出す
ロボット関連産業の躍進

著者・コラム紹介
1
nextpage

"鉄のまち"として栄えた福岡県北九州市は、ものづくり産業の集積地でもある。今、注目されているのは、人口減少の中、生産性向上の切り札として期待されるロボット関連産業。インフラ点検ロボットや産業用ロボットの分野で、画期的なイノベーションが起きている。

天井に車輪を押し当てて走行状態になる 飛行型点検ロボット

 北九州市門司区にある旧風師中学校の柔剣道場、ここで飛行型点検ロボットの実証実験が行われている。コントローラーの操作によって、ドローンに搭載された点検ロボットがふわりと舞い上がり、車輪が天井に押し付けられ走行状態になる。このロボットは、ドローンの飛行機能によって点検対象に近付き、近接目視や打音検査を行うことができる。

 通常の打音検査は、人がコンクリートをハンマーでたたき、その音から異常部を見つけるという方法で行われる。このロボットは、特殊な機構でコンクリート面に打撃を与え、その音をマイクで拾い、音響解析によって異常部を探り出す。それによって浮きや剝離といわれる空洞を検出し、コンクリート片の落下などを事前に検知するのだ。

(左)打撃をマイクで吸音、そのデータを打音解析して ひび割れや空洞などを検出する
(右)4連ピストン式打撃機構が、一定間隔で 連続的な打撃を行う
1
nextpage

[PR]

DOLトップへ
お問い合わせ先

北九州市産業経済局新産業振興課

〒803-8501

福岡県北九州市小倉北区城内1-1

TEL:093-582-2905

http://www.city.kitakyushu.lg.jp/




DOL plus

「DOL plus」

⇒バックナンバー一覧