ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
株式市場透視眼鏡

アナリスト調査銘柄は情報十分
却って株価上昇しない公算あり

山独活継二(エクイティトレーダー)
2012年2月22日
著者・コラム紹介バックナンバー
1
nextpage

 日本株が世界の株式市場に対して出遅れることはなにも今に始まったことではないが、リーマンショック後も同様の展開が繰り返されている。出遅れたからといって、割安感には乏しいこともあり、日本株をオーバーウエートしようとの機運はなかなか全体の流れにはなってこない。

 上のグラフのように、アナリストがカバーしている東証上場銘柄は6割にも満たないが、ニューヨーク市場などは8割を超える銘柄をアナリストがカバーする。投資家の期待が大きい新興国でも近年では多くのアナリストが上場銘柄をカバーするようになってきた。一つの銘柄に対して多くのアナリストが日本株よりもカバーしている実態が読み取れる。

 しかし、下のグラフを見るとアナリストによってカバーされていることが、必ずしもリターンにつながらないことがわかる。

 アナリストが事前に分析結果を投資家に公表することで、期待値が早めに市場に織り込まれていくことから、アナリストの分析結果を待って同じようなタイミングで投資行動をスタートさせていては、他の投資家と大きな差異を出すことが難しい。

1
nextpage
関連記事
スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR

話題の記事


株式市場透視眼鏡

株式投資家に向け、具体的な銘柄選びの方法と銘柄名、株価の動向見通しなどを分析・予測。現役トレーダーが執筆。定量的なデータを駆使し株式投資に役立つ情報満載。

「株式市場透視眼鏡」

⇒バックナンバー一覧