ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
株式市場透視眼鏡

世界的な過剰流動性相場が継続
出遅れていた日本株も上昇基調

松野利彦(SMBCフレンド証券シニアストラテジスト)
2012年3月1日
著者・コラム紹介バックナンバー
1
nextpage

 世界の金融市場が過剰流動性相場を演じている。そのなかで日本銀行が予想外の追加緩和を実施。円高基調が一気に反転し、これまで出遅れていた東京株式市場も急回復した。もっとも、この流れが続くかどうかは日銀次第だろう。

 流動性相場のきっかけは欧州中央銀行(ECB)による3年物の長期資金供給オペ(LTRO)で、約4892億ユーロもの巨額資金が提供されたことだろう。もともとは金融システム不安を払拭することが目的だったようだが、これほどの巨額のマネーが一度に放出された影響は大きかった。

 加えて、米連邦準備制度理事会(FRB)が1月の連邦公開市場委員会(FOMC)で「少なくとも2014年終盤まで政策金利を異例の低水準に据え置く」方針を表明、流動性相場に拍車がかかった。イングランド銀行も2月に入り、資産買い入れプログラムの規模を2750億ポンドから3250億ポンドに拡大することを決定した。

1
nextpage
関連記事
スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR

話題の記事


株式市場透視眼鏡

株式投資家に向け、具体的な銘柄選びの方法と銘柄名、株価の動向見通しなどを分析・予測。現役トレーダーが執筆。定量的なデータを駆使し株式投資に役立つ情報満載。

「株式市場透視眼鏡」

⇒バックナンバー一覧