ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
上久保誠人のクリティカル・アナリティクス

英国で講演をするということ――その国際的宣伝効果と、手ごわい聴衆を満足させる方法

上久保誠人 [立命館大学政策科学部教授、立命館大学地域情報研究所所長]
【第31回】 2012年3月14日
著者・コラム紹介バックナンバー
1
nextpage

 本稿は、出張先のロンドンで執筆している。出張では、「日本の消費増税は実現するか?」をテーマに、ケンブリッジ大学アジア・中東研究所で特別講義、大和日英基金で講演を行った。

 これは、昨年9月のロンドンフィールドワーク(第19回第20回を参照のこと)の際、立命館ロンドン事務所・坂本純子氏から、立命館の宣伝・留学生獲得策の一環としての「立命館大学の研究者によるロンドンでの研究発表」という構想を聞いたことに始まる。この構想に「私でよければいつでも引き受ける」と応じたことで、このプロジェクトは動き始めた。

 11月、私は再度ロンドンに出張し、坂本氏から大和日英基金を紹介された。大和日英基金は、1988年設立され、日英関係の発展の資する活動を対象にした奨学金・助成金を提供し、英国での日本に対する理解を広める各種イベントを開催してきた。

 大和日英基金の話では、日本のすべての大学に対して、大学教員による講演を依頼したという。ところが、日本からの返事はゼロで、大変に失望したとのことだった。私は「依頼状が届いていれば、即答で依頼を受けましたよ」と答え、その場で3月に日本政治について講演することを決めた。

「小さく見える」英国という舞台で
プレゼンスを行うことの「大きな」意義

 英国で日本政治をプレゼンスすることは、個人的にも、立命館にも、そして日本にも、大きな意義がある。英国は、日本からすれば「小さな国」に見えるかもしれない。しかし、英国は英語が世界標準語であり、かつて覇権国として世界の枠組み・制度を作り上げたノウハウや知識を蓄積し、英連邦(旧大英帝国植民地)などの世界的な人脈ネットワークを持つ。そして、「グローバル・ハブ国家」として、金融、法律、会計、コンサルタントなどの高度サービスの中心だ(第19回を参照のこと)。英国でのプレゼンスは、「小さな」ブリテン島の中だけにとどまらない。世界的な人脈・政治・経済・ビジネスのネットワークを通じて、全世界に広がっていくものなのだ。

1
nextpage
関連記事
スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR

話題の記事

上久保誠人 [立命館大学政策科学部教授、立命館大学地域情報研究所所長]

1968年愛媛県生まれ。早稲田大学第一文学部卒業後、伊藤忠商事勤務を経て、英国ウォーリック大学大学院政治・国際学研究科博士課程修了。Ph.D(政治学・国際学、ウォーリック大学)。博士論文タイトルはBureaucratic Behaviour and Policy Change: Reforming the Role of Japan’s Ministry of Finance。

 


上久保誠人のクリティカル・アナリティクス

国際関係、国内政治で起きているさまざまな出来事を、通説に捉われず批判的思考を持ち、人間の合理的行動や、その背景の歴史、文化、構造、慣習などさまざまな枠組を使い分析する。

「上久保誠人のクリティカル・アナリティクス」

⇒バックナンバー一覧