ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
株式市場透視眼鏡

金融緩和で上昇する原油価格
120ドルまで上がれば株は下落か

門司総一郎(大和住銀投信投資顧問投資戦略部長)
2012年3月15日
著者・コラム紹介バックナンバー
1
nextpage

 原油価格の代表的な指標、ウエスト・テキサス・インターミディエート(WTI)先物は昨年11月以降1バレル=100ドルを挟んだ動きを続けてきたが、2月に入って上昇、一時113.9ドルに達した。

 だが、原油高は目先一服との見方が主流。世界経済は回復基調にあるが、欧州を中心とした緊縮財政もあり、それほど強いものにはならないとの見方だ。また、米国では量的緩和第3弾(QE3)への期待感が後退、欧州でも3年物資金供給オペは今回で最後との見方が優勢になるなど金融政策面での押し上げも期待しづらい。

 これまでの上昇は余剰資金流入によるもの。投機筋の動きを示す米国の原油先物取引の建玉残高を見ると「買い」から「売り」を差し引いたネット買いポジションは2月に入り急増。28日時点では25.5万枚とWTI価格が高値を付けた昨年4月以来の水準だ。

1
nextpage
関連記事
スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR

話題の記事


株式市場透視眼鏡

株式投資家に向け、具体的な銘柄選びの方法と銘柄名、株価の動向見通しなどを分析・予測。現役トレーダーが執筆。定量的なデータを駆使し株式投資に役立つ情報満載。

「株式市場透視眼鏡」

⇒バックナンバー一覧