ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
今週のキーワード 真壁昭夫

凋落ソニーをファンドマネジャーも見放し始めた?
関係者に聞いてわかった家電メーカー“失敗の本質”

真壁昭夫 [信州大学教授]
【第218回】 2012年3月21日
著者・コラム紹介バックナンバー
1
nextpage

ファンドマネジャーも見放すソニー銘柄
「失敗の本質」はどこにあるのか?

 最近、国内外のファンドマネジャー連中と話していると、彼らがソニーの株式をポートフォリオから外していることがわかる。かつてわが国を代表する家電メーカーだったソニーが今、ファンドマネジャーから見放されているのを実感する。

 彼らはソニーだけではなく、わが国の他の家電メーカーの株も外しているのだろう。寂しい気がする。

 彼らにソニーを外す理由を尋ねると、多くのケースで「同分野の企業としてアップルの方が成長性を見込める」、あるいは「日本の家電メーカーにはかつての競争力はなく、サムソンやハイアールなど新興国のメーカーに追い付かれる」などの回答が返ってくる。

 わが国の家電メーカーは、「上のアップル」と「下のサムスン」などの挟撃に遭って、かなり厳しい状況に追い込まれていることを再認識する。

 かつて、トランジスタラジオやウォークマン、トリニトロンやハンディーカムで世界の家電市場を席巻したソニーが、何故凋落の道を辿ったのだろう。知り合いの技術専門家やアナリストに手当たり次第尋ねてみた。

 その答えはそれぞれ異なっていた。ただ、いくつかの共通点を見出すことができる。その1つは、ソニーが1990年代に一段の飛躍を模索して、米国型の事業部制の仕組みを取り入れたこと、それに伴って技術重視の企業のカルチャーが変わったことがある。

 その結果、「ソニーは、『いつも何か新しいものをつくり続けてきた』という企業文化を失った」と言う人が多かった。

 それは、ある意味では“わが国家電メーカー”の失敗の本質なのかもしれない。ただ、今まで上手く行かなかったとしても、下を向く必要はない。仮にそれが失敗の本質ならば、それを修正すればよい。また、「新しいものをつくるカルチャー」を再構築していけばよい。世界は今日で終わるわけではない。

1
nextpage
関連記事
スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR

話題の記事

真壁昭夫 [信州大学教授]

1953年神奈川県生まれ。一橋大学商学部卒業後、第一勧業銀行(現みずほ銀行)入行。ロンドン大学経営学部大学院卒業後、メリル・リンチ社ニューヨーク本社出向。みずほ総研主席研究員などを経て現職に。著書は「下流にならない生き方」「行動ファイナンスの実践」「はじめての金融工学」など多数。


今週のキーワード 真壁昭夫

経済・ビジネス・社会現象……。いま世の中で話題となっているトピックス、注目すべきイノベーションなどに対して、「キーワード」という視点で解説していきます。

「今週のキーワード 真壁昭夫」

⇒バックナンバー一覧