ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
ダージャリスト・石黒謙吾の 「科学するダジャレ」~地アタマが良くなる知的メソッド

まず押さえたいダジャレスキル基本のキは“子音交換”
頭かお尻を“サイドステップ”で横にズラしていく

石黒謙吾 [著述家・図考師]
【第4回】 2012年5月8日
著者・コラム紹介バックナンバー
1
nextpage

似た語を脳から引っ張りだす
その気づきが「ダジャレ力」

 ダジャレスキル以前に、ダジャレというクリエイションの根幹を成す思考「見立て」について、どうしてもしっかり述べておきたく、2回にわたり書いたところで、いよいよ本格的に使い方の基礎講座に入りましょう。

 まずはダジャレが生み出される思考回路について。思いつくためのもとの材料である「ダジャレ素材語」(いま命名しましたが今後これでいきます)をAとして、結びつける他の語をBとし、これを「ダジャレ加工語」(これも今命名)とする。

 Aを見たり聞いたりしたときに、脳の中から引っ張り出してくるBを使って加工したものが、ダジャレです。AがBに似ていることに、なるべく速く気づくことが、つまりは「ダジャレ力」というわけです。

 結びつける構造は様々あるのですが、どんな語の場合でもまず考えるのは、同じ母音の段で子音列を差し替えるという手法で、これが基本のキ。その名も「子音交換」(またまた今命名)。ここをしっかり把握しないうちに他の構造のことは考えなくてもよいでしょう。

 とはいえもったいぶらずに「石黒式ダジャレ構造分類」について参考までに述べますと、他には子音が同じ行で母音が差し替わる「母音交換」「子音倒置」「同行変換」「部分削除」「部分挿入」「頭部付加」「語尾付加」「体言用言変化」「部分重複」「完全重複」「部分重複合体」「近似反復」など(これらの用語全部も命名は今。今後これでいきます)。ここをベースに、僕が現時点で14種類に大分類していますが、これは追々、特に詳しく解説していきます。今回は連載開始から間もないということで、まずは胸に…いや、Dカップに…いや、母音に特化して述べていきますね。

1
nextpage
関連記事
スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR

話題の記事

石黒謙吾 [著述家・図考師]

いしぐろ・けんご/1961年金沢市生まれ。映画化もされたベストセラー『盲導犬クイールの一生』をはじめ、『2択思考』『エア新書』『分類すると地アタマが良くなる』『ダジャレ ヌーヴォー』など、硬軟取り混ぜ著書多数。チャートを用いて構造オチの笑いに落とし込む「図考師」としての著書に『図解でユカイ』が。プロデュース&編集の書籍も幅広いジャンルで200冊を手がける。野球とビールと犬と笑いを愛する。全キャン連(全国キャンディーズ連盟)代表。
■ブログ=イシブログケンゴ
著書・編書一覧


ダージャリスト・石黒謙吾の 「科学するダジャレ」~地アタマが良くなる知的メソッド

40年間の蓄積から導き出した、ダジャレの記号学的構造解析。「ラップもダジャレだ!」ダジャレ界に革命を起こした伝説の書『ダジャレ ヌーヴォー』の著者であり、ダージャリスト、ダジャリエの石黒謙吾が、クリエイティビティの高い知的な言葉遊びをアカデミックに解説。助詞・助動詞を含めてはいけない、かかりの深さ、母音列&子音列の基本活用、差し替え・加減・倒置など構造の14分類、B面という考え方、遠回りの妙、知的なラリー……。単なるお笑いネタとは一線を画す内容は、地アタマを良くし、スマートなコミュニケーション力も。バカなやつほど「さむ~い」、デキルやつは「クール!」

「ダージャリスト・石黒謙吾の 「科学するダジャレ」~地アタマが良くなる知的メソッド」

⇒バックナンバー一覧