ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
金融市場異論百出

米スーパーボウルで地味CM
勢いを失ったのは日本企業

2010年2月17日
著者・コラム紹介バックナンバー
1
nextpage

 2月7日に米国でアメリカンフットボールのスーパーボウルが開催された。筆者は出張でニューヨークにいたが、郊外に住む知人からホームパーティに誘われた。

 地元のチームが出場しなくても、スーパーボウルの日に友人を大勢集めて、にぎやかに飲み食いしながらテレビ観戦することは、米国の代表的な“季節行事”の1つだ。

 スーパーボウル開催の前週の週末はテレビがよく売れる。昨年は1月の最後の週末がそれに当たっていたが、今年は2月にずれた。このため、1月の家電販売額を評価する際は、その要因を考慮する必要がある。

 また、ホームパーティの当日は、多くの人がビールや惣菜を持ち寄ってくるので、食品の売り上げも伸びる。

 アメリカンフットボールはテレビになじむスポーツである。試合は午後6時半から始まり10時過ぎまで続くが、プレーが細かく止まるたびにコマーシャル(CM)が流れる。

 ゲームよりもCMの放送時間のほうが長い、という感じだ。CM料金は、30秒で200万~300万ドルだった。不況の影響は大きくなかったようだ。

 多くの企業はこの日のために高額の予算をつぎ込んで、特別バージョンのCMを作ってくる。ホームパーティにおいては、どの企業がいちばんおもしろかったかが話題になる。CMの視聴率がこれほど高い番組はほかにはないだろう。

1
nextpage
関連記事
スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR

話題の記事


金融市場異論百出

株、為替のように金融市場が大きく動くことは多くないが、金利の動向は重要だ。日本を代表する日銀ウォッチャーが金融政策の動向を分析、金融政策の動向を予測する。

「金融市場異論百出」

⇒バックナンバー一覧