ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
金融市場異論百出

近隣途上国の成長率は7.8%
欧州よりも恵まれている日本

2009年11月19日
著者・コラム紹介バックナンバー
1
nextpage

 世界銀行は先日、「リバウンドから回復への転換」と題する東アジア経済のレポートを発表した。興味深い解説が多く含まれているため、ポイントを挙げてみよう。

 冒頭で、中国と韓国のV字型リバウンドが取り上げられている。今年の中国のGDPは、財政支出策と金融緩和策に支えられて、4500億ドル増加すると見込まれている。

 一方、G3(米欧日)のGDPは今年、合計5800億ドルの減少を示す。つまり、G3の減少の4分の3を中国の成長がオフセットすることになる。

 また、韓国はウォン安の恩恵を受けて、工業製品の海外競争力が高まっている。現代自動車の米国での販売シェアは、2007~08年の5%前後から、今年は7.4%にジャンプアップした。

 サムスン電子とハイニックスのDRAMの世界シェアは、08年第2四半期の53.1%から、今年第2四半期に61%へ上昇した。韓国製薄型フラットスクリーンの世界シェアは、45.5%から49.4%へ、携帯電話機は24.7%から30.6%へ上昇している。そのぶん、日本、台湾などのメーカーのシェアが食われている。

 中所得国では、タイとマレーシアがリーマンショックで大打撃を受けた。マレーシアには、日本および日本関連の企業が1300社以上もあり、昨秋以降の急激な生産調整に雇用が直撃された。

1
nextpage

今週の週刊ダイヤモンド

2017年3月4日号 定価710円(税込)

特集 文系こそ学べ 勝つための絶対スキル データ分析

統計分析 Excel入門 データに強くなる

【特集2】
コーヒービジネス大活況
サードウェーブの次に来る波

【下記のサイトからご購入いただけます】

(ストアによって販売開始のタイミングが異なるため、お取扱いがない場合がございます)

【下記のサイトからご購入いただけます】

(ストアによって販売開始のタイミングが異なるため、お取扱いがない場合がございます)

【下記のサイトからご購読いただけます】

(ストアによって販売開始のタイミングが異なるため、お取扱いがない場合がございます)

スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR

話題の記事


金融市場異論百出

株、為替のように金融市場が大きく動くことは多くないが、金利の動向は重要だ。日本を代表する日銀ウォッチャーが金融政策の動向を分析、金融政策の動向を予測する。

「金融市場異論百出」

⇒バックナンバー一覧