ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
ダージャリスト・石黒謙吾の 「科学するダジャレ」~地アタマが良くなる知的メソッド

ダジャレをひらめいたらがむしゃらにメモ&メール
照れずに匍匐前進するがごとく、欠食児童のように

石黒謙吾 [著述家・図考師]
【第6回】 2012年6月5日
著者・コラム紹介バックナンバー
1
nextpage

ウケるかどうかは置いといて
ダジャレストックを充実させよう

 前回は、新作「結婚式ダジャレ」を実例とし、「ひらめき方」のパターンを挙げつつ、ダジャレ筋力強化エクササイズを行いました。各々に対する短い解説から、ダージャリスト志望の皆様にもっともお伝えしたいことは、これ。

 「思いついたら、ただただ無心に脳内にインプット」

 つまり、他人にウケるだろうかとかそんな不遜なことを考えずに、思いついたダジャレはいったんすべて自分の中に吸い込んでみましょうよと。どうせ誰にも気付かれないのです。貪欲に参りましょう!

 「あ、こんなくだらないこと思いついちゃった」なんて自分で自分に照れるなんてことなきように。戦地で泥の中を匍匐前進するがごとく、ひたすら思いつき吸い込む。そしてダジャレという食料が脳内に浮かんだら空腹に堪え忍ぶ欠食児童のごとく食らいつくのです!

ひらめいたら即メモ
外出時は自分宛にメール

 実際、僕が今回あげる56個も自分として100%良いできばえと思っていないものもあるわけです。でも、ダジャレ単体を覚えておくと言うよりも、言葉が結びついた回路を、脳内のダジャレ領域に定着させるためにいったん入れたい。タンスの引き出しに衣服を分類してしまうように。

 インプットするために僕は、ひらめいたダジャレはすぐにメモります。昔は飲み屋の箸袋の切れっ端に読めないぐらいの殴り書きが「ダジャレ引き出し」に山積みでした。近年は、電車内、テレビを見ているとき、飲み屋など事務所にいないときは、携帯メールで自分のPCへメール。受信したメールに書いたダジャレを「ダジャレストック」というファイルにコピペし、さらに念のためメールそのものもメールボックス「ダジャレ」に仕分け。この作業がすなわち、タンスにしまう作業となっています。

 前回、56個出そうと思っていたら、伝えたいことが野村満載で書いているとつい長くなり、16個しか解説できずにまだ40個残っています。残りも同じように書いていきたいのですが、1回では字数的にスペースがとても足りないので、前回よりぐっとドラゴン圧縮してひらめき回路へのヒントを解説していきます。母音、子音、同行、入れ替え、削除などひらめきのパターンについては、前回のケーススタディもどうぞ参考に。では残り、飛ばしていってみましょうか。

1
nextpage
関連記事
スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR

話題の記事

石黒謙吾 [著述家・図考師]

いしぐろ・けんご/1961年金沢市生まれ。映画化もされたベストセラー『盲導犬クイールの一生』をはじめ、『2択思考』『エア新書』『分類すると地アタマが良くなる』『ダジャレ ヌーヴォー』など、硬軟取り混ぜ著書多数。チャートを用いて構造オチの笑いに落とし込む「図考師」としての著書に『図解でユカイ』が。プロデュース&編集の書籍も幅広いジャンルで200冊を手がける。野球とビールと犬と笑いを愛する。全キャン連(全国キャンディーズ連盟)代表。
■ブログ=イシブログケンゴ
著書・編書一覧


ダージャリスト・石黒謙吾の 「科学するダジャレ」~地アタマが良くなる知的メソッド

40年間の蓄積から導き出した、ダジャレの記号学的構造解析。「ラップもダジャレだ!」ダジャレ界に革命を起こした伝説の書『ダジャレ ヌーヴォー』の著者であり、ダージャリスト、ダジャリエの石黒謙吾が、クリエイティビティの高い知的な言葉遊びをアカデミックに解説。助詞・助動詞を含めてはいけない、かかりの深さ、母音列&子音列の基本活用、差し替え・加減・倒置など構造の14分類、B面という考え方、遠回りの妙、知的なラリー……。単なるお笑いネタとは一線を画す内容は、地アタマを良くし、スマートなコミュニケーション力も。バカなやつほど「さむ~い」、デキルやつは「クール!」

「ダージャリスト・石黒謙吾の 「科学するダジャレ」~地アタマが良くなる知的メソッド」

⇒バックナンバー一覧