ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
山崎元のマネー経済の歩き方

退職金3000万円の将来を予想する

山崎 元 [経済評論家・楽天証券経済研究所客員研究員]
【第230回】 2012年6月11日
著者・コラム紹介バックナンバー
1
nextpage

 長年働いて、退職金を3000万円もらった65歳の先輩サラリーマンが、その退職金の運用について、筆者のところに相談に来たとする。彼は、まあまあの年金を見込むことができて、近い将来、生活に困窮することはなさそうだが、慎重な性格だ。

 転職回数多数で半分フリーの筆者は退職金をもらう予定がないので、彼の退職金が少しうらやましいと思いながら、次のようにアドバイスするだろう。

 「例えば、95歳まで30年間、毎月5万円貯蓄を取り崩すなら、単純計算で1800万円要ります。毎月、年金プラス5万円で生活するプランを立ててください。この部分は、安全に運用しましょう。銀行に1行1000万円以上のお金は預けないほうがいいので、1000万円を10年満期で利率変動タイプの個人向け国債に、800万円は銀行預金にしましょう。毎月分配型の投資信託を買うよりも、預金を取り崩すほうが多分有利ですし、間違いなく健全です。

 残った1200万円は、内外共に先進国は低金利なので、株式で運用しましょう。TOPIX(東証株価指数)連動の日本株のETF(上場型投信)を600万円、先進国株を300万円、新興国株を300万円、いずれもインデックスファンド(海外ETFも可)で買いましょう。こちらは、おおむねこの比率で長期運用してください」

 本当はリスク資産部分はもっと大きくてもいいが、最悪を考えても、1200万円は妥当だろう。

 以下、この配分について、日本が財政破綻することにしたくて仕方がない雑誌の女性記者と筆者の会話をお伝えする。

記者「将来の日本の国債暴落や、預金封鎖などに備えた運用、注意事項などを教えてください」

山崎「注意事項は財政破綻やインフレになると決めつけて、金投資、外貨建て生命保険、通貨選択型投信、プライベートバンクといった、手数料とリスクの大きな怪しい商売に引っかからないことです」

 (この後、上記の配分を教えた)

1
nextpage
関連記事
スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR

話題の記事

山崎 元 [経済評論家・楽天証券経済研究所客員研究員]

58年北海道生まれ。81年東京大学経済学部卒。三菱商事、野村投信、住友信託銀行、メリルリンチ証券、山一證券、UFJ総研など12社を経て、現在、楽天証券経済研究所客員研究員、マイベンチマーク代表取締役。


山崎元のマネー経済の歩き方

12社を渡り歩いた資産運用の現場に一貫して携わってきた視点から、「資産運用」の方法をどう考えるべきか懇切丁寧に説く。投資家にもわかりやすい投資の考え方を伝授。

「山崎元のマネー経済の歩き方」

⇒バックナンバー一覧