ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
金融市場異論百出

100年ぶり取り付け騒ぎで
非難集中する英国の金融当局

2007年10月4日
著者・コラム紹介バックナンバー
1
nextpage

 英ノーザンロック銀行の流動性危機とそれに対する救済策が、英政府やイングランド銀行の信認を揺るがしている。同行のキング総裁は今回の騒動で世論の激しい非難を浴び、一部には辞任を求める声まで出ているという。

 キング総裁は従来、モラルハザードを招くような金融機関救済策は採るべきではないと繰り返し主張し、2007年8月9日以降の欧米市場での混乱の後も緊急資金供給は行なわなかった。安易な救済要望論に眉をひそめていた識者はキング総裁のスタンスを高く評価していた。しかし、当然ながら金融関係者のあいだでは不満が鬱積していた。

 その後、ロンドンの銀行間市場でマネーの目詰まりがさらに激しくなると、イングランド銀行は方針を修正せざるをえなくなる。ノーザンロックは資金調達の4分の3前後を金融市場に依存してきたため、市場の流動性が細ることは同行の資金繰りを直撃する。イングランド銀行は9月14日に救済融資を発動した。また、取り付け騒ぎに対して、財務大臣は預金を全額保護する声明を発表した。

1
nextpage
関連記事
スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR

話題の記事


金融市場異論百出

株、為替のように金融市場が大きく動くことは多くないが、金利の動向は重要だ。日本を代表する日銀ウォッチャーが金融政策の動向を分析、金融政策の動向を予測する。

「金融市場異論百出」

⇒バックナンバー一覧