ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
ダージャリスト・石黒謙吾の 「科学するダジャレ」~地アタマが良くなる知的メソッド

助詞・助動詞を含むのは「お子様ダジャレ」
オトナのみんなは「ワンワード一致スタイル」で

石黒謙吾 [著述家・図考師]
【第8回】 2012年7月3日
著者・コラム紹介バックナンバー
1
nextpage

自分のダジャレは一期一会
きっかけなしでは思い出せない

 後年、僕が残したダジャレへの功績が死後、各学会で評価され「日本ダジャレ史」が編纂される際には間違いなくターニングポイントとして記録されるであろう国家レベルの重大なできごとが、前回のこの連載の更新以後にありました。

 「ダジャレストック用ファイル」。ただつらつらと1000個ほどのダジャレが並んでいるこのファイルは、僕が5年ほどの間に自然に思いついたダジャレをメモ的に貯め込んだもの。

 僕のPCのデスクトップには常にこう書かれたファイルが置いてあり、メール中に、ツイッター中に、Facebook中に、電話中にと思いついたら即タイプ。さらに、外で思いついたら携帯メールで自分のPCアドに送っておきあとでここにコピペします。と言っても始めたのは『ダジャレ ヌーヴォー』を出したあとに、これからはダジャレのプロとしての自覚を持って生きていかねばならぬと思い立ってからのことですが。

 ダジャレは使う場面がないときにはそうそう思い出せるものではないので、こうやって地道に謙虚に、次に披露することがあるんだろううかと寺門自問自答しながら、アリとキリギリスのアリになりきってせっせせっせと貯めているわけです。

 そうやって貯め込み5年経った2011年初頭。MacがクラッシュしてHDがパー。まだMacのタイムマシーンを導入してなく、他のいかなるデータよりもこのファイルをなんとかサルベージしたかった。仕事のたいがいのデータは、本になっていたり、印刷所やデザイナーさんのところにあったりしますが、こういうメモの類はバックアップ取ってないことも多い。これも重要なものと知っていたにもかかわらず、デスクトップにあったがゆえにデータはパーと絶望のどん底に突き落とされました。オレの二度と戻らない青春の5年間(40代後半)を返せ!

 メモ的なものとは言っても、もう一度考えれば結論に到達するとか、記憶を辿れば思い出すとかそんな道筋が見える物ではないのですから。ダジャレそのものは急に思い出そうとしも無理なのです。と、ダジャレ歴40年のダージャリストとして強く主張させて頂きます。

1
nextpage
関連記事
スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR

話題の記事

石黒謙吾 [著述家・図考師]

いしぐろ・けんご/1961年金沢市生まれ。映画化もされたベストセラー『盲導犬クイールの一生』をはじめ、『2択思考』『エア新書』『分類すると地アタマが良くなる』『ダジャレ ヌーヴォー』など、硬軟取り混ぜ著書多数。チャートを用いて構造オチの笑いに落とし込む「図考師」としての著書に『図解でユカイ』が。プロデュース&編集の書籍も幅広いジャンルで200冊を手がける。野球とビールと犬と笑いを愛する。全キャン連(全国キャンディーズ連盟)代表。
■ブログ=イシブログケンゴ
著書・編書一覧


ダージャリスト・石黒謙吾の 「科学するダジャレ」~地アタマが良くなる知的メソッド

40年間の蓄積から導き出した、ダジャレの記号学的構造解析。「ラップもダジャレだ!」ダジャレ界に革命を起こした伝説の書『ダジャレ ヌーヴォー』の著者であり、ダージャリスト、ダジャリエの石黒謙吾が、クリエイティビティの高い知的な言葉遊びをアカデミックに解説。助詞・助動詞を含めてはいけない、かかりの深さ、母音列&子音列の基本活用、差し替え・加減・倒置など構造の14分類、B面という考え方、遠回りの妙、知的なラリー……。単なるお笑いネタとは一線を画す内容は、地アタマを良くし、スマートなコミュニケーション力も。バカなやつほど「さむ~い」、デキルやつは「クール!」

「ダージャリスト・石黒謙吾の 「科学するダジャレ」~地アタマが良くなる知的メソッド」

⇒バックナンバー一覧