ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
SPORTS セカンド・オピニオン

本田、森本…ハングリーな海外進出で道を拓くプロサッカー新世代の台頭

相沢光一 [スポーツライター]
【第70回】 2009年9月1日
著者・コラム紹介バックナンバー
1
nextpage

 サッカー日本代表のオランダ遠征メンバーが決まった。

 遠征では9月5日にオランダ戦、9日にガーナ戦が予定されている。オランダ代表はFIFAランキングで現在3位。06年ワールドカップではベスト16、08年欧州選手権ではベスト8に入った強豪だ。また、ガーナ代表は世界ランク35位。06年ワールドカップではやはりベスト16に入っている。40位の日本にとって、どちらも格上のチームだ。

 そんな強敵とアウェーで対戦し、どれだけの試合ができるのか。来年6月に迫った南アフリカ・ワールドカップでベスト4の目標を掲げる日本代表の今後を占う意味でも重要な試合である。

 この日本代表メンバーで注目したいのが、MFの本田圭佑(23)とA代表初選出となるFW・森本貴幸(21)だ。

 とくに本田は地元オランダ1部リーグ(エールディヴィジ)のVVVフェンロ(VVVはVenlose Voetbal Vereniging=フェンロのサッカークラブの略でフェイ・フェイ・フェイと呼ぶ)で今季、開幕から4試合連続ゴールをあげる大活躍を見せている。知名度は高く、出場すれば観客から熱い視線を浴びせられることは間違いない。観客動員にも貢献するはずだ。

 で、なぜ本田と森本が要注目かというと、ふたりは、これまでヨーロッパのリーグでプレーした日本人選手とは異なるルートでステップアップを志向している点だ。

これまでの海外進出組は
世界に実力が認められての渡航

 日本人選手にヨーロッパプロサッカーリーグの扉を開いたのはカズ(三浦知良・現横浜FC)である。カズは24歳だった94年、イタリア・セリエAのジェノアで1シーズンプレー。世界最高峰のプロリーグでも日本人が十分プレーできることを証明した。

 この後、ヨーロッパに渡る日本人選手が次々と現れるようになる。ヨーロッパのプロリーグでプレーした第一号は77年から9年間、ドイツ・ブンデスリーガに在籍した奥寺康彦だが、後に続く選手がいなかったことから、実質的な先駆者はカズといえるだろう。

1
nextpage
関連記事
スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR

話題の記事

相沢光一 [スポーツライター]

1956年埼玉県生まれ。野球、サッカーはもとより、マスコミに取り上げられる機会が少ないスポーツも地道に取材。そのためオリンピックイヤーは忙しくなる。著書にはアメリカンフットボールのチーム作りを描いた『勝利者』などがある。高校スポーツの競技別・県別ランキングをデータベース化したホームページも運営。 「高校スポーツウルトラランキング」


SPORTS セカンド・オピニオン

サッカーから野球、大相撲や陸上に至るまで、あらゆるスポーツニュースを独自の視点で解説!スポーツニュースの「セカンド・オピニオン」を目指します。

「SPORTS セカンド・オピニオン」

⇒バックナンバー一覧