ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
inside Enterprise

国内タイヤ市場で万年2位の住友ゴムが
国内首位ブリヂストンを中国で凌ぐ勝算

週刊ダイヤモンド編集部
2012年7月30日
著者・コラム紹介バックナンバー
1
nextpage

 中国湖南省長沙市。田畑も交じる新興工業団地に、2012年夏、真新しい工場が姿を現した。7月16日、一帯は賑々しい祝賀ムードに包まれた。住友ゴム工業が3億ドルを投じて建設したこのタイヤ工場の竣工式が盛大に催されたのである。

 「ようやくこの日を迎えられた」――。工場を目の前に住友ゴムの池田育嗣社長は感無量だった。建設着工から稼働開始までわずか1年半。本来はこんな短期間で操業にこぎつけることなど不可能だ。同じ中国の江蘇省常熟市にある第一工場から立ち上げ部隊を総動員し、同社における過去最速のスピードで不可能をやってのけた。稼働当初は年産500万本体制から始め、第2期増強では1000万本を計画、さらに第3期以降の増強も早々に準備を進める。

 なぜ、無理を通して急ピッチで新工場を立ち上げたのか。

 中国市場でトップに立つ――。競争激化のなかで、シェア1割に未たない現在のポジションから覇者になる野望を実現するためには供給量を早急に増やすことが必要条件だった。「2番手グループのブリヂストンを上回るのは当たり前。我々のライバルは中国市場で首位の仏ミシュランだ」と豪語する同社幹部。日本国内ではブリヂストンに続く業界2位にとどまるが、中国市場においては「5年後にはミシュランに肩を並べる」と息巻く。

 では、勝算はどこにあるのか。何が勝負どころなのか。

VWの新車へ装着することで
タイヤの買い替え市場も攻略

 まず一つはブランド戦略だ。住友ゴムが手がけているのは英国ブランドの「ダンロップ」。元々はミシュランや独コンチネンタル、伊ピレリといった欧州メーカーとしのぎを削ってきた由緒あるブランドだ。その点で日本生まれのブリヂストンや横浜タイヤとは立ち位置が異なり、中国でのプロモーションは「ヨーロッパ生まれの洗練されたイメージ」と「日本育ちの高品質」を全面に押し出していく。

1
nextpage
関連記事
スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR

話題の記事

週刊ダイヤモンド編集部


inside Enterprise

日々刻々、変化を続ける企業の経営環境。変化の中で各企業が模索する経営戦略とは何か?『週刊ダイヤモンド』編集部が徹底取材します。

「inside Enterprise」

⇒バックナンバー一覧