ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
お金が貯まる人 貯まらない人
【第2回】 2012年9月3日
著者・コラム紹介バックナンバー
中村芳子 [ファイナンシャル・プランナー]

お金が貯まる人は、
手間をかけずに貯めている。

1
nextpage

お金を貯めている人は、貯金に手間ひまをかけない。第一、人間、面倒なことは続かない。今回は、誰でもできるシンプルなお金の貯め方を、ベストセラー『20代のいま、やっておくべきお金のこと』の著者が、お伝えします。

貯金には「手間をかけない」が原則

中村芳子(なかむらよしこ)
ファイナンシャル・プランナー。アルファ アンド アソシエイツ代表。
長崎市出身。早稲田大学商学部で国際経済を学ぶ。
卒業後、大手電機メーカーに就職するが、翌年社員5人のファイナンシャル・プランニング会社に転職。
1991年に退社、現在の会社を設立。個人向けのマネー相談、執筆、講演などを行う一方、オンライン証券や銀行のプロジェクト、企業の福利厚生制度のアドバイザーなども務める。20代、30代のマネーの啓蒙に特に力を入れている。
複雑な金融やマネー知識を、わかりやすく解説する書籍や記事、講演に定評がある。
ベストセラーとなった『20代のいま、やっておくべきお金のこと』『結婚したら、やっておくべきお金のこと』(ダイヤモンド社)のほか、『知らないと損するお金のルールとマナー』(日本実業出版社)、『女性が28歳までに知っておきたいお金の貯め方』(三笠書房)、『女性が30代で、必ずやっておくべきお金のこと』(PHP研究所)、『図解生命保険のカラクリがわかる本』(東洋経済新報社)などマネーの著書多数。『聖書88の言葉』(ダイヤモンド社)、『養子でわくわく家族』(小学館)、『英語の話せる子の育て方』(中経出版)など、お金以外の著書もある。
URL:http://www.al-pha.com/fp/
Facebook:http://www.facebook.com/Alpha.and.Associates

 貯めている人は、貯金に手間ひまをかけない。

 1日は24時間で人生は短い。貯金のことで頭を悩ませたり、金融機関に足を運んだり、オンラインで手続きをしたりに時間を費やすのはもったいない。

 第一、人間、面倒なことは続かない。手間をかけないための最善の手段は「自動積立」システムを利用することだ。貯めている人は、必ず自動積立をしている。

 貯まらない人は、人力・手動で貯めようとする。「お金が余ったら」「時間ができたら」銀行に行こう、と思いながら果たせない。自分の意志の弱さや行動力のなさを認めよう。

 「自動積立」は、一度手続きをすると、毎月指定した金額を指定した金融商品に振り替えてくれる仕組み。いろいろな金融機関がさまざまな商品でサービスを提供している。

 2年、3年、5年、10年と続けるほど、そのパワーを実感できる。月2万円、ボーナスから5万円という控えめな金額でも、3年続ければ100万円を超える。

 収入の10%を積み立てれば、10年後に年収分が貯まる。収入の20%なら5年で年収分だ。

 だから入社1年目に、自動積立を始めた人間は強い。30歳前後には確実に年収分の貯金を手にしている。自分のやりたいことを行動に移すことができる。

1
nextpage
スペシャル・インフォメーションPR
ダイヤモンド・オンライン 関連記事
まいにち小鍋

まいにち小鍋

小田真規子 著

定価(税込):本体1,100円+税   発行年月:2016年11月

<内容紹介>
簡単で安くて、ヘルシー。ポッカポカの湯気で、すぐにホッコリ幸せ。おひとりさまから共働きのご夫婦までとっても便利な、毎日食べても全然飽きない1〜2人前の小鍋レシピ集!「定番鍋」にひと手間かけた「激うま鍋」。元気回復やダイエットに効く「薬膳鍋」や、晩酌を楽しみたい方に嬉しい「おつまみ鍋」など盛り沢山!

本を購入する
ダイヤモンド社の電子書籍
(POSデータ調べ、11/20~11/26)


注目のトピックスPR


中村芳子 [ファイナンシャル・プランナー]

有限会社 アルファ アンド アソシエイツ代表取締役。
1986年よりFP業に携わる日本のFPの草分け。 女性FP協会(現WAFP関東)の設立者の一人、初代理事長。 1991年に会社を設立。パーソナル・コンサルティング、金融記事の執筆、金融企画のアドバイスなどを行っている。20代30代のマネー啓蒙に特に力を入れている。 マネックス証券創業時より7年間アドバイザーをつとめる。みずほ銀行の夫婦向けマネーサイト「おうちのおかね」を監修。

主な著書に「結婚したら、やっておくべきお金のこと」「20代のいま、やっておくべきお金のこと」「生きる力を与えてくれる 聖書88の言葉」(以上ダイヤモンド社) 「女性が28歳までに知っておきたいお金の貯め方」(三笠書房) 「図解 生命保険のカラクリがわかる本」(東洋経済新報社)「はじめての保険・年金」(共著/日本経済新聞社)、「英語が話せる子の育て方」(中経出版)などがある。 2011年7月に「学校も会社も教えてくれないお金のこと」(徳間書店)を刊行。

 


お金が貯まる人 貯まらない人

夫婦の年収5000万円以上でも、貯まらないカップルがいる。
年収300万円以下でも、未来に向かって貯めている人がいる。
その違いは、どこから来るのだろう。
著者は、ファイナンシャル・プランナー(FP)として20年以上、多くの人のお金の相談を受けてきてわかったことがあった。お金が貯まるか貯まらないかは、たくさんの小さな要素、小さな習慣が積み重なって決まる、ということだ。この連載では、『お金が貯まる人貯まらない人』の中から、「お金が貯まる人」になるための小さな習慣をご紹介する。
 

「お金が貯まる人 貯まらない人」

⇒バックナンバー一覧