ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
お金持ちになるためのバフェット入門
【第9回】 2007年11月28日
著者・コラム紹介バックナンバー
三原淳雄

価格競争に陥らない事業を持つ会社を選べ
バフェットは「コモディティ」がお嫌い?

1
nextpage

 バフェットは1995年の株主総会で、次のように話しています。

 「私たちが求めているのは、投資した資金に対して高いリターンを生み出してくれる会社です。しかも、将来にわたってその状況が続くことが大切です。そのために私が注目するのは、長期的な比較優位性を持っているかどうかです」

 つまり、バフェットが興味を持つ会社は、事業の内容がわかりやすいだけでなく、他社を圧倒するような強みを持っている会社なのです。彼はその会社だけが提供できる強みと呼び、この力を備えた会社は将来の見通しが明るいと考えています。

 反対に、魅力がない事業を「コモディティ(汎用品)」と呼んでいます。商品やサービスに際立った特色がないため、すぐに価格競争におちいってしまう事業のことです。

 バフェットが考える代表的なコモディティ事業として、ガス、小麦、木材などが挙げられています。しかし、コモディティ事業は、国によっても、時代によっても異なるでしょう。たとえば日本では、以前は優れた発明品と評価された自動車やパソコンですら、現在、どの会社も差別化するのに苦労しています。

 比較優位性がある事業とコモディティ事業の違いを理解するために、喫茶店に行ったときのことを思い浮かべてください。あなたが喫茶店に入って、オレンジジュースを頼んだとします。あなたは、ある特定のブランドのオレンジジュースを注文するでしょうか。たいていは「オレンジジュースをください」と頼むのではないでしょうか。そうなると喫茶店の経営者にとっては、同じ品質のオレンジジュースならどのメーカーのものでも構わず、しかも安ければ安いほどいいのです。みんながこう考えると、オレンジジュースは価格競争におちいってしまいます。

1
nextpage
スペシャル・インフォメーションPR

    スペシャル・インフォメーションPR

ダイヤモンド・オンライン 関連記事
人工知能はどのようにして 「名人」を超えたのか?

人工知能はどのようにして 「名人」を超えたのか?

山本 一成 著

定価(税込):本体1,500円+税   発行年月:2017年5月

<内容紹介>
最強の将棋AIポナンザの開発者が超重要技術、「機械学習」「深層学習」「強化学習」を解説。そのうえで「知能とは何か」という問への回答を示す意欲作です。自らの手で人工知能を創り、将棋名人と並ぶまでに成長させてきた著者が腹落ちしたことだけを書いているので、世界一やさしく面白い人工知能の本になっています。

本を購入する
ダイヤモンド社の電子書籍

(POSデータ調べ、5/7~5/13)



三原淳雄

1959年九州大学経済学部卒業後、日興證券に入社。70年ノースウェスタン大学経営大学院留学。日興證券ニューヨーク支店勤務、ロサンゼルス支店長を経て同社退社。80年三原淳雄事務所を設立。現在、経済評論家として、日本経済、株式投資などの講演・執筆活動多数。日本におけるウォーレン・バフェットの研究家として知られている。


お金持ちになるためのバフェット入門

バフェットの考え方がわかれば、安全・確実に資産を増やすことができる。銘柄の選びからバリュー投資までのシンプルな考え方をコンパクトに紹介。

「お金持ちになるためのバフェット入門」

⇒バックナンバー一覧