ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
開沼博 闇の中の社会学 「あってはならぬもの」が漂白される時代に
【第9回】 2012年9月25日
著者・コラム紹介バックナンバー
開沼 博 [社会学者]

第9回
「過激派」アジトの革命戦士たちの現在
「普通の市民」の中で

1
nextpage

反韓流を掲げたフジテレビデモや紫陽花革命と称される脱原発デモ、さらには、生活保護バッシングを批判する新聞意見広告。いずれも、インターネットを効果的に活用して実現したと言われている。もちろん、インターネットメディアの発達だけが要因ではないはずだが、ここ数年、かつては不可能だった「普通の市民」による社会運動が実現し、話題になることが増えてきた。それでは、ここで指す「普通の市民」とは、いかに定義されるものなのか。
そもそも、そのような不思議な表現がされる背景には、かつての社会運動が「普通『ではない』市民」のものであった歴史がある。特定政党の関係者、市民運動家、学生運動や労働組合……いつしか彼らが「耳目を集める社会運動」の主要な担い手となり、その一部はテロや内ゲバをいとわない「過激派」「極左暴力集団」となった。そして「社会運動」への世間のイメージはある側面に偏ったものとなり、「普通の市民」から忌み嫌われる存在となってもいった。
社会学者・開沼博は、公安警察が24時間体制の厳重監視を行う「過激派」Aの活動拠点に潜入した。鉄製の入り口をくぐった先に目に飛び込んできたのは、「普通」としか表現できない日常生活。「普通の市民」と「普通の市民ではない」活動家を隔てるものは何か。恣意的に引かれたその補助線の先に、私たちは何を見つけ、何を見失っているのか。
今も「暴力革命」を目指す彼ら「過激派」が描く未来、進む先。最盛期を知らない20代の若者も参加する社会運動の現在から見えてきたものとは。タブーに挑んだ渾身のルポ。連載は全15回。隔週火曜日に更新。

薄っぺらくて“アツい”「革命」の時代に

 「ゲンパツイラナイ」「ゲンパツイラナイ」……。

 先導する女性の声に呼応して響くシュプレヒコール。そこにいる人々の表情は、「暗かったり」「重々しかったり」……とは程遠い。笑顔を浮かべる若者も年長者も、男女問わず、それぞれが自由に声をあげて体を動かす。しかし、その一群の姿からは、他の参加者とは違う、どこか“慣れた”様子が感じられる。

 日本の脱原発デモはもちろん、ジャスミン革命、オキュパイ・ウォールストリート、中国の反日デモなど、近年、世界的に「これまでとは違った形での社会運動」の盛り上がりが伝えられ続けている。

 55年体制下には確かに存在した、保守と革新、右翼と左翼、体制と反体制、といったイデオロギー対立。そして、そのもとで行われる社会運動は、少なくとも日本においては、いつの間にか「古い」「一部の特殊な人だけが参加するもの」として社会の片隅に置かれ、大衆的な支持を失っていった。

 いや、支持を失うだけならまだよかったが、むしろ、インターネット上では「プロ市民」などと揶揄されるような、忌避・嫌悪の対象にすらなっていった。かつての“アツさ”に比べれば、ここ20年ほどは、社会運動にとって「冬の時代」だったとも言えるであろう。

 しかし、その「冬の時代」を経て、かつて社会運動に対して存在した実体験に基づく「アレルギー反応」はいくぶん弱まっているようにも見える。その理由を(「一部の特殊な人」ではなく)「普通の市民」が、(「古いもの」ではなく)「新しい手法や言葉、集い方」を感じさせる工夫をしているからだと見る者もいるが、それが事実かどうかはわからない。

1
nextpage
スペシャル・インフォメーションPR
ダイヤモンド・オンライン 関連記事
まいにち小鍋

まいにち小鍋

小田真規子 著

定価(税込):本体1,100円+税   発行年月:2016年11月

<内容紹介>
簡単で安くて、ヘルシー。ポッカポカの湯気で、すぐにホッコリ幸せ。おひとりさまから共働きのご夫婦までとっても便利な、毎日食べても全然飽きない1〜2人前の小鍋レシピ集!「定番鍋」にひと手間かけた「激うま鍋」。元気回復やダイエットに効く「薬膳鍋」や、晩酌を楽しみたい方に嬉しい「おつまみ鍋」など盛り沢山!

本を購入する
ダイヤモンド社の電子書籍
(POSデータ調べ、11/20~11/26)


注目のトピックスPR


開沼 博(かいぬま・ひろし) [社会学者]

1984年、福島県いわき市生まれ。東京大学文学部卒。同大学院学際情報学府修士課程修了。現在、同博士課程在籍。福島大学うつくしまふくしま未来支援センター特任研究員。専攻は社会学。学術誌のほか、「文藝春秋」「AERA」などの媒体にルポ・評論・書評などを執筆。
著書に『漂白される社会』(ダイヤモンド社)、『はじめての福島学』(イースト・プレス)、『「フクシマ」論 原子力ムラはなぜ生まれたのか』(青土社)、『地方の論理 フクシマから考える日本の未来』(同、佐藤栄佐久との共著)、『フクシマの正義 「日本の変わらなさ」との闘い』(幻冬舎)『「原発避難」論 避難の実像からセカンドタウン、故郷再生まで』(明石書店、編著)など。
第65回毎日出版文化賞人文・社会部門、第32回エネルギーフォーラム賞特別賞。

 


開沼博 闇の中の社会学 「あってはならぬもの」が漂白される時代に

不法就労外国人、過激派、偽装結婚プロモーター、ヤクザ、チーマー、売春婦……。彼らはときに「アウトロー」や「アンダーグラウンド」と評され、まるで遠い国のできごとのように語られてきた。しかし、彼らが身を置く世界とは、現代社会が抱える矛盾が具現化された「ムラ」に過ぎない。そして、「あってはならぬもの」として社会からきれいに“漂白”されてしまった「ムラ」の中にこそ、リアリティはある。
気鋭の社会学者である開沼博が、私たちがふだん見えないフリをしている闇の中へと飛び込んだ。彼はそこから何を考えるのだろうか? テレビや新聞を眺めていても絶対に知ることのできない、真実の日本を描く。全15回の隔週火曜日連載。 
 

「開沼博 闇の中の社会学 「あってはならぬもの」が漂白される時代に」

⇒バックナンバー一覧