ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
株式市場透視眼鏡

出遅れ感強い日本株反騰の鍵
円安促す日銀の追加緩和継続

成瀬順也(大和証券チーフストラテジスト)
2012年10月3日
著者・コラム紹介バックナンバー
1
nextpage

 日本株の出遅れ感が強い。ニューヨーク・ダウは2007年以来の高水準、ナスダックに至っては2000年以来の高水準を回復した。欧州株でさえ年初来高値を更新している。しかし、日経平均株価は3月27日の1万0255円を大きく下回る水準に甘んじている。

 要因の一つに企業業績の不透明感があろう。主要200社のうち業績見通しの為替前提を開示している企業を集計すると、円の対ドルレートは6月時点で80円前提の企業が圧倒的に多かった。9月時点でもほとんど変化はないが、対ドルは小幅な円高にとどまっているので違和感はないだろう。

 一方、円の対ユーロレートは6月時点で105円前提の企業が最も多かった。にもかかわらず、一時95円まで円高が進んでしまった。業績下方修正リスクが高まり、先行き不透明感が強まった。そして、「ギリシャ、スペインなどの欧州問題=日経平均下落」という図式が出来上がってしまった。

 株式市場は「不透明」が最も嫌いである。悪材料であっても全貌が明らかになれば怖くない。一時的に株価が下がっても、そこから再スタートを切れるからだ。しかし、不透明だと本来の実力以上にディスカウントされた状態が続きがちである。

1
nextpage
関連記事
スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR

話題の記事


株式市場透視眼鏡

株式投資家に向け、具体的な銘柄選びの方法と銘柄名、株価の動向見通しなどを分析・予測。現役トレーダーが執筆。定量的なデータを駆使し株式投資に役立つ情報満載。

「株式市場透視眼鏡」

⇒バックナンバー一覧