ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
今週のキーワード 真壁昭夫

「どうも、中国の政治・経済の様子がおかしい」
専門家にもわからない“変調”が暗示する大国の明日

真壁昭夫 [信州大学教授]
【第246回】 2012年10月9日
著者・コラム紹介バックナンバー
1
nextpage

どうも政治・経済の様子がおかしい
専門家も危ぶみ始めた「中国の変調」

 足もとで、中国経済の変調を扱う記事が増えている。欧米のエコノミスト連中も、「中国経済はどうなっているのか?」というメールを筆者に送ってくることが多い。

 彼らが頻繁にメールしてくる背景には、「どうも、中国の政治・経済の様子がおかしい」という感覚がある。要するに、中国に何か変化が起きているのだが、その変化の影響度合いが良くつかめないのである。

 2008年9月のリーマンショック以降、中国経済は政府の4兆元に上る大規模な景気対策の効果によって成長を続け、つい最近まで世界経済を牽引する役割を担ってきた。ところが、その経済対策の効果は今年前半までにほぼ消えた。

 それと同時に、最大の輸出先である欧州経済の低迷によって輸出が伸び悩み、経済活動全般が低下した。

 そうした状況に対して、中国の政策当局は金融政策を緩和気味に展開して、景気を刺激することを意図した。しかし、金融政策を変えたにもかかわらず、景気減速には歯止めがかからず、株価下落に目立った効果は表れなかった。9月に入って、中国政府はようやく1兆元の財政出動を行なうことを決めた。

 おそらく、今年の始めに多くの経済専門家は、「中国景気の減速が顕在化すれば、すぐに中国政府が財政出動をする」と予想していた。少なくとも、年央には何らかの対策が打たれると見ていた。

 ところが、実際の財政出動は9月に入ってからだった。政策運営が遅れた背景には、4兆元の経済対策が供給能力の拡大をもたらし、結果として、国内の需要拡大につながらなかったという反省があると見られる。

 政策発動の遅れに関して、もう1つの懸念は、中国の政治情勢の不安定化があるとの指摘もある。その指摘が正しいとすると、中国経済の問題の根は深いことになる。

1
nextpage
関連記事
スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR

話題の記事

真壁昭夫 [信州大学教授]

1953年神奈川県生まれ。一橋大学商学部卒業後、第一勧業銀行(現みずほ銀行)入行。ロンドン大学経営学部大学院卒業後、メリル・リンチ社ニューヨーク本社出向。みずほ総研主席研究員などを経て現職に。著書は「下流にならない生き方」「行動ファイナンスの実践」「はじめての金融工学」など多数。


今週のキーワード 真壁昭夫

経済・ビジネス・社会現象……。いま世の中で話題となっているトピックス、注目すべきイノベーションなどに対して、「キーワード」という視点で解説していきます。

「今週のキーワード 真壁昭夫」

⇒バックナンバー一覧