ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
『週刊ダイヤモンド』特別レポート

プレミアムタイヤ市場トップを狙う
F1参戦に込めたピレリの差別化戦略

週刊ダイヤモンド編集部
2012年11月6日
著者・コラム紹介バックナンバー
1
nextpage

世界のタイヤ市場シェアで第5位の伊ピレリは昨年、世界最高峰の自動車レースである「F1」におけるタイヤのオフィシャル・サプライヤーとしても有名になった。ピレリ ジャパンのマルコ・エッリ社長にF1参戦の狙いと、日本市場での販売戦略を聞いた。(「週刊ダイヤモンド」編集部 柳澤里佳)

マルコ・エッリ社長
Photo:DW

――過去には仏ミシュランやブリヂストンもF1に参戦していたが、ルール変更や費用対効果の面から2011年~2013年の3年間はピレリによる単独供給となった。F1に参戦する狙いはなにか。

 ピレリは140年の歴史のなかで100年以上、モータースポーツを行っている。モータースポーツへの参戦は「走る実験室」として位置づけられ、さまざまな先進テクノロジーを開発・熟成するテストフィールドの意味合いを持つ。

 F1やWRC(世界ラリー選手権)など、それぞれのレースで得たタイヤの情報は一般タイヤの開発にもフィードバックされ、ピレリが強みとするハイパフォーマンス(高性能)タイヤを生み出すのに役立っている。

 活動にある程度コストはかかるが、企業イメージの向上にも大きなメリットをもたらしている。近年はアジアのいくつかの国でもF1が開催されるようになり、新市場を開拓してく上で、ブランドの認知・浸透にとても効果的だ。特にシンガポールGPはモナコの次に世界的にも人気があり、中国でも若者の間でF1ファンが増えている。

――日本でピレリと言えば、高級タイヤのイメージが強い。

 日本市場に参入したのは1971年。当時、日本はスーパーカーブームで、ピレリはランボルギーニやフェラーリ、ポルシェに装着されている言わば「憧れのタイヤ」だった。

1
nextpage
関連記事
スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR

話題の記事

週刊ダイヤモンド編集部


『週刊ダイヤモンド』特別レポート

『週刊ダイヤモンド』編集部厳選の特別寄稿と編集部による取材レポートを掲載。本誌と連動した様々なテーマで、経済・世相の「いま」を掘り下げていきます。

「『週刊ダイヤモンド』特別レポート」

⇒バックナンバー一覧