ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
『週刊ダイヤモンド』特別レポート

プレミアムタイヤ市場トップを狙う
F1参戦に込めたピレリの差別化戦略

週刊ダイヤモンド編集部
2012年11月6日
著者・コラム紹介バックナンバー
1
nextpage

世界のタイヤ市場シェアで第5位の伊ピレリは昨年、世界最高峰の自動車レースである「F1」におけるタイヤのオフィシャル・サプライヤーとしても有名になった。ピレリ ジャパンのマルコ・エッリ社長にF1参戦の狙いと、日本市場での販売戦略を聞いた。(「週刊ダイヤモンド」編集部 柳澤里佳)

マルコ・エッリ社長
Photo:DW

――過去には仏ミシュランやブリヂストンもF1に参戦していたが、ルール変更や費用対効果の面から2011年~2013年の3年間はピレリによる単独供給となった。F1に参戦する狙いはなにか。

 ピレリは140年の歴史のなかで100年以上、モータースポーツを行っている。モータースポーツへの参戦は「走る実験室」として位置づけられ、さまざまな先進テクノロジーを開発・熟成するテストフィールドの意味合いを持つ。

 F1やWRC(世界ラリー選手権)など、それぞれのレースで得たタイヤの情報は一般タイヤの開発にもフィードバックされ、ピレリが強みとするハイパフォーマンス(高性能)タイヤを生み出すのに役立っている。

 活動にある程度コストはかかるが、企業イメージの向上にも大きなメリットをもたらしている。近年はアジアのいくつかの国でもF1が開催されるようになり、新市場を開拓してく上で、ブランドの認知・浸透にとても効果的だ。特にシンガポールGPはモナコの次に世界的にも人気があり、中国でも若者の間でF1ファンが増えている。

――日本でピレリと言えば、高級タイヤのイメージが強い。

 日本市場に参入したのは1971年。当時、日本はスーパーカーブームで、ピレリはランボルギーニやフェラーリ、ポルシェに装着されている言わば「憧れのタイヤ」だった。

1
nextpage

今週の週刊ダイヤモンド

2017年3月4日号 定価710円(税込)

特集 文系こそ学べ 勝つための絶対スキル データ分析

統計分析 Excel入門 データに強くなる

【特集2】
コーヒービジネス大活況
サードウェーブの次に来る波

【下記のサイトからご購入いただけます】

(ストアによって販売開始のタイミングが異なるため、お取扱いがない場合がございます)

【下記のサイトからご購入いただけます】

(ストアによって販売開始のタイミングが異なるため、お取扱いがない場合がございます)

【下記のサイトからご購読いただけます】

(ストアによって販売開始のタイミングが異なるため、お取扱いがない場合がございます)

スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR

話題の記事

週刊ダイヤモンド編集部


『週刊ダイヤモンド』特別レポート

『週刊ダイヤモンド』編集部厳選の特別寄稿と編集部による取材レポートを掲載。本誌と連動した様々なテーマで、経済・世相の「いま」を掘り下げていきます。

「『週刊ダイヤモンド』特別レポート」

⇒バックナンバー一覧