ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
株式市場透視眼鏡

売り方のショートカバーで反騰
「過度な楽観」の代償は大きい

2009年4月22日
著者・コラム紹介バックナンバー
1
nextpage

警戒すべき反騰相場の終焉

 日経平均株価は気温の上昇とともに上昇ピッチを強め、一時9000円台に到達した。3月10日安値7021円からは、約30%の上昇である。1ヵ月の短期間にしては、鋭角的なリバウンドと評することができよう。

 結局、今年の相場も昨年、1昨年に続いて「3月SQ前後」がターニングポイントになった。「相場が急落した年度の3月SQは買い」という鉄則が、またも確認されたわけである。

 今回の反騰の要因は、世界的な政策発動と売り方のショートカバーによって起こったと思われる。

 オバマ政権の7870億ドルの景気刺激策や、わが国の真水15兆円規模の補正予算が代表的だが、目先の財政悪化には目をつぶり、思い切った政策に踏み切った。

 金融政策においても、「実質ゼロ金利+量的緩和政策」がグローバルスタンダードとなり、非伝統的政策を含めたあらゆる手段を採っている。これらが過度な悲観論を後退させ、売り方が買い戻しに走ったことが反発の原動力だ。

1
nextpage
関連記事
スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR

話題の記事


株式市場透視眼鏡

株式投資家に向け、具体的な銘柄選びの方法と銘柄名、株価の動向見通しなどを分析・予測。現役トレーダーが執筆。定量的なデータを駆使し株式投資に役立つ情報満載。

「株式市場透視眼鏡」

⇒バックナンバー一覧