ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
inside Enterprise

伊藤忠がフレックスタイム制を
原則廃止にした理由

週刊ダイヤモンド編集部
2012年11月5日
著者・コラム紹介バックナンバー
1
nextpage

 好業績に沸く大手商社の伊藤忠商事が今秋、フレックスタイム制度を原則的に廃止したことがわかった。

 これまで伊藤忠は、コアタイムの午前10時から午後3時までの間に就業していれば、始業や就業の時間は自身や組織ごとに決定できていた。それをこの10月からは、一部を除き始業は午前9時に、終業は午後17時15分に変更した。

 玄関で入館証をかざし、入退社の時刻を記録することで、勤務状態を管理。退社時間が予定より15分以上遅れた場合には、理由の申請を義務づけるという徹底ぶりだ。

 さらに、子どもの学校行事などで休みが取得できるファミリーサポート休暇なども廃止。こうした労働条件の変更に対し、一部の社員からは、不満の声が上がっている。

 こうした変更の理由について、伊藤忠の岡藤正広社長は、「史上最高益を達成した今こそ、浮かれることなく気持ちを引き締める必要がある」からだと、説明している。

 伊藤忠は、前期に純利益3005億円の最高益を達成し、住友商事を純利益で抜いて業界3位となった。そうした状態に浮き足立つことなく、「いいときこそ謙虚に仕事に向き合う」ことを徹底させることが重要だというわけだ。

 現に、ある幹部は「好業績に甘えて、だらしなくなっていたり、無駄な残業をしたりする社員が目についたことに、社長が危機感を持った」と解説する。  

 もうひとつ狙いがある。

 伊藤忠といえば、この2年間で業績を拡大させるとともに、会議や資料を減らすことで経費を大幅に削減し、更なる経営基盤の強化を目指してきた。

1
nextpage

今週の週刊ダイヤモンド

2016年10月1日号 定価710円(税込)

特集 特集 凄いネスレ 世界を牛耳る 食の帝国

違いが分かる食の帝国を徹底解明!

【特集2】
2017年 新卒就職戦線総括
今年も「超売り手市場」が継続 選考解禁前倒しも競争は激化

【下記のサイトからご購入いただけます】

(ストアによって販売開始のタイミングが異なるため、お取扱いがない場合がございます)

【下記のサイトからご購入いただけます】

(ストアによって販売開始のタイミングが異なるため、お取扱いがない場合がございます)

【下記のサイトからご購読いただけます】

(ストアによって販売開始のタイミングが異なるため、お取扱いがない場合がございます)

関連記事
スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR

話題の記事

週刊ダイヤモンド編集部


inside Enterprise

日々刻々、変化を続ける企業の経営環境。変化の中で各企業が模索する経営戦略とは何か?『週刊ダイヤモンド』編集部が徹底取材します。

「inside Enterprise」

⇒バックナンバー一覧