ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
放射能、アスベスト、有害ゴミ……「環境汚染大国ニッポン」

石巻市で発生した“典型的”アスベスト飛散事故
「特殊事例」として処理したい行政の怠慢(1)

井部正之 [ジャーナリスト]
【第9回】 2012年11月15日
著者・コラム紹介バックナンバー
1
nextpage

相次ぐアスベスト飛散事故を引き起こす要因はいったい何か。その構造的な問題を、被災地の石巻市で起こったアスベスト飛散事故の背景を分析することで、あぶり出していく。第1回目は、「典型例」な飛散事故として再三にわたり地元行政に報告と指摘が伝わっていたにもかかわらず、いつの間にか「特殊事例」にすり替わっていた顛末を解説する。

解体現場に散らばるアスベスト

 また被災地でアスベスト飛散事故が起きた。

 10月25日、厚生労働省は東日本大震災の被災地でアスベスト除去が適切に行われなかった結果、これに続く解体工事でアスベストを飛散させてしまった事例が報告されたとして、関係団体に再発防止を求める通知を出した。

 通知には宮城県石巻市で8月に起こったアスベスト飛散事故の概要が示されている。それによれば、アスベストを〈取り残しているところは鉄骨の柱に吹き付けをして、さらにモルタルの化粧壁で仕上げ、その後コンクリートブロックで覆っている状況であった〉などの特殊事情があったから、飛散事故につながったとしている。

 通知はそうした特殊事情を説明・周知するとともに、アスベスト除去工事に先立つ事前調査で、見落としやすい例を列挙して注意を促している。

 だが、アスベストの調査・分析に詳しい専門家で、NPO「東京労働安全衛生センター」の外山尚紀氏はこう警告する。

 「国はこの件を特殊な事例と説明していますが、まったく違います。今回の件は明らかに典型例です。国は通知まで出して再発防止を求めていますが、これでは同じことがまた起きます」

 いったい、どういうことなのだろうか。まず、厚労省が通達を出すことになった経緯から説明しよう。

 アスベスト飛散事故が起きた現場は石巻駅からもほど近い、商店街に位置する店舗跡地。昨年の東日本大震災とそれにともなう津波によって、外壁が割れ落ちるなどの被害を受け、所有者からの申し込みにより石巻市が解体することになった。

 建物に吹き付けアスベストが確認されたため、今年3月に除去工事が実施され、その後8月から解体工事が始まった。

 ところが、解体工事中の8月30日、吹き付けアスベストが散乱していると通報があり、石巻労働基準監督署が現場に急行。その事実を確認し、工事を中止させた。

次のページ>> 除去工事で見逃し
1
nextpage
関連記事
スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR

話題の記事

井部正之 [ジャーナリスト]

地方紙カメラマン、業界誌記者を経て、2002年よりフリー。現在アジアプレス・インターナショナル所属。産業公害や環境汚染、ゴミ問題などを中心に取材している。


放射能、アスベスト、有害ゴミ……「環境汚染大国ニッポン」

2011年3月11日、東日本大震災が発生し、東京電力福島第一原子力発電所の事故による大量の放射能がまき散らされた。それ以来、私たちの生活は大きく変わった。降ってくる雨水、蛇口から出る水、スーパーで売られている食べ物……、ありとあらゆるものが、放射能に汚染されているのではと、汚染を疑わざるを得なくなったのだ。しかし、こうした私たちの生命と健康を脅かす汚染は、なにも3.11で始まったわけではない。アスベスト、他のさまざまな有害ゴミは、もともと私たちの生活のすぐそこに存在した。環境汚染大国ニッポンー◯。その実態をレポートする。

「放射能、アスベスト、有害ゴミ……「環境汚染大国ニッポン」」

⇒バックナンバー一覧