ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
株式市場透視眼鏡

「安倍トレード」で日本株上昇
円安と公共投資復活を期待

成瀬順也(大和証券チーフストラテジスト)
2012年11月27日
著者・コラム紹介バックナンバー
1
nextpage

 「近いうち」がようやくやって来た。11月16日に衆議院が解散。野田佳彦首相が解散を表明した14日以降、株式市場はポジティブな反応を見せている。株価上昇の要因は、いわゆる「安倍トレード」だろう。

 12月16日に行われる総選挙で自由民主党が比較第一党となり、政権の一翼を担うとみられている。自民党総裁である安倍晋三氏は、積極的な金融緩和論者として知られる。最近も「日銀法改正」「2~3%のインフレ目標」「マイナス金利」「国債の日銀引き受け」など刺激的な言葉を連発して、積極緩和を促す姿勢を強めている。「安倍首相」誕生による緩和期待が円安をもたらし、株高につながっているのだろう。

 積極緩和による円安と並んで期待されるのが、公共投資の復活。自民党は政権公約として「国土強靭化基本法」の制定を掲げている。今後10年間で200兆円(国費+地方分)の公共投資を実施する計画だ。

 「安倍首相」が誕生するか否かにかかわらず、一連の動きは強まるものと考えられる。いずれの党が政権を担っても、2013年4月に任期が切れる白川方明・日本銀行総裁の後任には、ハト派の人物が選ばれることとなろう。積極緩和への転換は時間の問題で、既定路線と考えられる。

 公共投資にしても、自民党だけでなく公明党も10年で100兆円規模の社会資本整備を提唱。民主党も「日本再生戦略」の前倒しという名目で、東日本大震災からの復興・復旧、防災・減災対策の強化を打ち出している。

1
nextpage

今週の週刊ダイヤモンド

2017年1月21日号 定価710円(税込)

特集 天才・奇才のつくり方 お受験・英才教育の真実

お受験・英才教育の真実

【特集2】
村田 vs TDK
真逆のスマホ戦略の成否

【下記のサイトからご購入いただけます】

(ストアによって販売開始のタイミングが異なるため、お取扱いがない場合がございます)

【下記のサイトからご購入いただけます】

(ストアによって販売開始のタイミングが異なるため、お取扱いがない場合がございます)

【下記のサイトからご購読いただけます】

(ストアによって販売開始のタイミングが異なるため、お取扱いがない場合がございます)

スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR

話題の記事


株式市場透視眼鏡

株式投資家に向け、具体的な銘柄選びの方法と銘柄名、株価の動向見通しなどを分析・予測。現役トレーダーが執筆。定量的なデータを駆使し株式投資に役立つ情報満載。

「株式市場透視眼鏡」

⇒バックナンバー一覧