ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
入門 ブランドで競争する技術
【第4回】 2012年11月28日
著者・コラム紹介バックナンバー
河合 拓 [ハンズオン型 経営コンサルティング会社 ジェネックスパートナーズ(旧ジェミニコンサルティング)取締役 シニア・パートナー]

「フロー思考」に振り回されるのが
お金持ちになれない原因だった!?
フローの罠から抜け出す方法

1
nextpage

『ブランドで競争する技術』の入門編の復活短期連載。数回にわたって、変化の激しい日本で、ブランドを使いながら、どうお金儲けをしていくかをお話します。

お金持ちとは「年収の多い人」か、
それとも「貯蓄の多い人」か

 「年収300万円の生き方」「節約術」などをテーマにした本が、ここ数年売れ続けているようです。たしかに世の中を見まわしても不景気な話ばかり。私たちの年収はこれ以上、上がりそうもありません。私たちの将来は悲観的なのでしょうか。しかし、周りを眺めてみると、この不景気な時代でも、羽振りのよさそうな人たちはいるようです。

 話を聞いてみると、彼らは「年収」ではなく、「貯蓄」が多いということに気づきます。そこで、みなさんに質問です。「お金持ち」というのは、「年収の多い人」でしょうか、「貯蓄の多い人」でしょうか?

 もちろん、「年収」が多くて、その結果「貯蓄」も多いのであればいうことなしです。しかし仮に、年収がこれ以上は上がらないとすると、貯蓄を増やす方法を考えなければなりません。というのは、実は年収の向上と貯蓄の向上は、必ずしも相関するわけではないからです。わかりやすくいうと、年収が多くても貯蓄が少ない人はたくさんいますし、年収が少なくても貯蓄が多い人もいるということです。両者は、根本的に考え方が異なるのです。

 年収のように「入ってくるもの」が増えることを「フローが増える」と呼び、「貯めているもの」が増えることを「ストックが増える」といいます。この考え方はビジネスにおいて、特に「顧客」という概念に当てはめて考えると、いろいろな問題解決のヒントになります。

1
nextpage
スペシャル・インフォメーションPR
ダイヤモンド・オンライン 関連記事
世界標準の子育て

世界標準の子育て

船津徹 著

定価(税込):本体1,500円+税   発行年月:2017年7月

<内容紹介>
勉強ができて、人に好かれて、心の強い子が育つ! アメリカを拠点に20年以上教育に携わり、4,000人超のグローバル人材を輩出したきた著者が送る子育てノウハウ。米国、英国、北欧、アジアなど、世界各国の子育て事情をふまえて日本人向けに体系化!0歳〜18歳まで全年齢対応、子育て本の決定版です。

本を購入する
ダイヤモンド社の電子書籍

(POSデータ調べ、7/16~7/22)



河合 拓 [ハンズオン型 経営コンサルティング会社 ジェネックスパートナーズ(旧ジェミニコンサルティング)取締役 シニア・パートナー]

小売業、商社など流通、卸売業全般にわたり、事業戦略策定と実行支援など数多くの成果実現の実績を持つ。コンサルタントとして11年の経験を有し、それ以前に総合商社にて繊維・アパレルビジネスに9年間従事。欧米、アジア全域にわたり海外営業を経験。専門誌を中心に執筆多数。政策学校一新塾(大前研一創設)の卒塾生であり、現在、講師(2003年~2012年)、および、政策指導、社会起業アドバイザーを務める。

 


入門 ブランドで競争する技術

デフレ経済下で終わりのない安売り競争が続いていることが、元気のない日本の原因のひとつになっています。そこで必要になるのがブランドです。ブランドなくして市場の勝ち組にはなれないにもかかわらず、日本のビジネスマンはブランドを使いこなすのが苦手。そんな状況を少しでも改善しようと出版された『ブランドで競争する技術』の著者・河合拓氏に、強いブランドをつくり、ブランドで闘う方法の入門編を解説してもらいます。

「入門 ブランドで競争する技術」

⇒バックナンバー一覧