ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
采配
【第1回】 2011年11月21日
著者・コラム紹介バックナンバー
落合博満

孤独に勝たなければ、勝負に勝てない

1
nextpage

 「一人で過ごすのは好きだけれど、孤独には耐えられない」

 最近の若い選手に対する印象だ。これは、子供の頃からの生活環境も大きく影響していると思う。

 親子3代同居が核家族化し、少子化も手伝って一人部屋を与えられる子供が増えた。テレビゲームや携帯電話の急速な普及も、一人で過ごす時間を作り出している。プロ野球界の環境の変化も例外ではない。その昔、遠征先の宿舎は旅館が多く、首脳陣や一部のベテランを除いて大部屋で過ごしていた。しかし、現在はホテルの個室が大半である。

 これ自体はいいか悪いかではなく、完全に時代の流れだ。生活様式や食生活が純和風から欧米型になっているのと変わりない。その中で、若い選手たちも一人で過ごす時間が長くなっている。

1
nextpage
スペシャル・インフォメーションPR
ダイヤモンド・オンライン 関連記事
自分の時間を取り戻そう

自分の時間を取り戻そう

ちきりん 著

定価(税込):本体1,500円+税   発行年月:2016年11月

<内容紹介>
生産性は、論理的思考と同じように、単なるスキルに止まらず価値観や判断軸ともなる重要なもの。しかし日本のホワイトカラー業務では無視され続け、それが意味のない長時間労働と日本経済低迷の一因となっています。そうした状況を打開するため、超人気ブロガーが生産性の重要性と上げ方を多数の事例とともに解説します。

本を購入する
ダイヤモンド社の電子書籍
(POSデータ調べ、11/20~11/26)


注目のトピックスPR


落合博光 

1953年生まれ。秋田県南秋田郡若美町(現:男鹿市)出身の元プロ野球選手(内野手)、プロ野球監督。

1979年ドラフト3位でロッテオリオンズ入団。81年打率 .326で首位打者になり、以後83年まで3年連続首位打者。82年史上最年少28歳で三冠王を獲得、85年には2度目の三冠王とパ・リーグの最優秀選手(MVP)に輝いた。86年には史上初の3度目、2年連続の三冠王を獲得。

1998年現役を引退。その後、野球解説者、指導者として活動し、2004年より中日ドラゴンズ監督に就任。2007年にはチームを53年ぶりの日本一に導く。就任から8年間、2年に1回以上はリーグ優勝ないしは日本一、Aクラス入りを逃したこともない。2011年は球団史上初の2年連続リーグ優勝を果たし、「常勝チーム」を作り上げた。

2007年には、プロ野球の発展に大きく貢献した人物に贈られる正力松太郎賞を受賞。2011年には競技者として、日本の野球の発展に大きく貢献した功績を永久に讃え、顕彰する「野球殿堂」入りを果たす。

著書は、『コーチング―言葉と信念の魔術』(ダイヤモンド社)、『落合博満の超野球学1、2』『プロフェッショナル』『野球人』(ベースボール・マガジン社)、『勝負の方程式』(小学館)など多数ある。


采配

「邪念を振り切り、今この瞬間に最善を尽くす」――監督就任から8年間、4度のリーグ優勝、1997年の53年ぶり日本一、2011年には球団史上初となるリーグ連覇を達成。偉業ともいえる圧倒的な成績を残し、チームを「常勝チーム」へと変貌させた名将が、現役時代には決して語ることのできなかった「采配」の秘密を今、明かす。

「采配」

⇒バックナンバー一覧