ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
エコカー大戦争!

世界に広がるリコールの波紋
第二のトヨタショックは不可避か

桃田健史 [ジャーナリスト]
【第28回】 2010年2月2日
著者・コラム紹介バックナンバー
1
nextpage

 愛知県豊田市役所。昼休み時間、その南庁舎二階(平成11年1月完成)の市民ホールに、地元「美里コーラス」の歌声が響いた。

 ここは、同1階の市民対応の各種窓口とエスカレーターで結ばれたオープンなスペース。100名程の中高年の市民が和やかなムードのなか、30分間のミニコンサートを楽しんだ。

愛知県豊田市にあるトヨタ本社。隣接するトヨタ会館にはトヨタ新型車展示や企業説明のコーナーがある。連日、中国など新興国の留学生や旅行者が観光バスで訪れ、トヨタ会館発着の工場ツアーに出かける。

 同じ頃、海の向こうのアメリカ、中国、ヨーロッパでは合計700万台にも及ぶリコール大問題が発生し、当該海外各地のトヨタ関係者は昼夜を問わず対応に追われていた。だが、製造品出荷額で日本第一位(13兆2,480億円/平成19年工業統計調査)に輝く、人口42万3,016人(男22万1,103、女20万1,913人/平成22年1月1日現在)の「クルマのまち」の市民に、海外での大きな“うねり”はまだ伝わっていない。

 ただ、同市の平成21年度当初予算には、今回のリコール問題とは違った側面での変化が現れていた。一般会計予算は対前年度比3.9%減の1645億円、予算総額は同5.9%減の2424億円だった。

 こうした同市財政の変調は、トヨタ自動車(以下トヨタ)と周辺の自動車部品関連企業、さらにはそうした産業を基盤に生活している同市民レベルの認識では、2008年9月15日の米投資会社リーマン・ブラザーズが米連邦破産法第11条(通称チャプターイレブン、日本の民事再生法に相当)を申請した「リーマンショック」と直結していない。

 彼らにとっては、リーマンでなく、あくまでもあれはトヨタショックだったのだ。起源としてはリーマンショックだが、地元中京地方の自動車業界関係者にとっては、2008年11月6日にトヨタが発表した営業利益1兆円下方修正(=トヨタショック)が直接的な打撃だったのだ。

1
nextpage
関連記事
スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR


おすすめの本
おすすめの本
好評発売中!
「エコカー世界大戦争の勝者は誰だ?」

ハイブリッド車、電気自動車、燃料電池車の共存でビジネスモデルは混沌!トヨタ、ホンダ、日産、三菱など日本メーカーは世界で勝てるのか?年間飛行機移動時間が最も長い日本人自動車ジャーナリストが世界のエコカー事情を徹底取材。市場・インフラ、技術、政策、各社の戦略を詳細かつヴィヴィッドにレポート!

話題の記事

桃田健史 [ジャーナリスト]

日米を拠点に世界各国で自動車産業の動向を取材するジャーナリスト。インディ500、NASCARなど米国レースにレーサーとしても参戦。自動車雑誌に多数の連載を持つほか、「Automotive Technology」誌(日経BP社)でBRICs取材、日本テレビでレース中継番組の解説などを務める。1962年生まれ。著書「エコカー世界大戦争の勝者は誰だ?」好評発売中


エコカー大戦争!

「エコカー=日本の独壇場」と思っているとすれば、それは大間違いだ。電気自動車、ハイブリッド車を巡る市場争奪戦はこれからが本番。日本は序盤戦を制したに過ぎない。世界規模の取材でエコカー大戦争の行方を探る。

「エコカー大戦争!」

⇒バックナンバー一覧