ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
夫婦で貯める1億円!
【第5回】 2012年12月7日
著者・コラム紹介バックナンバー
花輪陽子,花輪俊行

半分は手堅く運用。それでも年3%を目指す
おすすめ投資信託とETFはこれだ!

1
nextpage

ファイナンシャル・プランナーの花輪陽子さんと、夫の花輪俊行さんによる連載第6回は、30年で1億円を目指す投資法の紹介です。おすすめポートフォリオを2パターン作っていただきました!夫婦でけんかせずに投資を続けるコツや心構えを参考に、あなたも貯まる生活、始めましょう!

リスクと上手に付き合うために
大切な5つの運用方針

 今日は、お金の運用についてお話したいと思います。

 30年で1億円を目指すとき、どうしても必要になるのが運用です。
 今の利子で毎年200万円を銀行に預けても、30年間で6017万円程度にしかなりません。しかし、もしこれを3%の利回りで運用することができれば、30年後には1億円になります。

 運用はリスクがあるから怖いという声もあります。確かにうまくいくばかりとは限りません。
 そこで、リスクとうまく付き合うために守りたい、5つの運用方針をご紹介しましょう。

  5つの運用方針
  1.長期投資をする
  2.分散投資をする
  3.複利の力を利用する
  4.無理はしない
  5.最低限必要な現金は残しておく

 3の複利効果については連載第2回で説明しましたので、それ以外の項目について見ていきます。

 1.長期投資をする

 投資というと切った張ったの世界で、勝負どころを見極めて、一気にお金をつぎ込んで一気に2倍にする!といったイメージを持たれている方も多いのですが、短期間で儲けようとせずに長期投資をすることが大切です。

 もちろん、短期売買で儲けているという方もいます。でも、そうした方は、投資が好きで熱心に研究をされていたり、こまめに売買に打ち込める時間のある方であったりするものです。
 仕事の合間に片手間でやって勝てるほど、短期売買は甘くないのです。

1
nextpage
スペシャル・インフォメーションPR
ダイヤモンド・オンライン 関連記事
自分の時間を取り戻そう

自分の時間を取り戻そう

ちきりん 著

定価(税込):本体1,500円+税   発行年月:2016年11月

<内容紹介>
生産性は、論理的思考と同じように、単なるスキルに止まらず価値観や判断軸ともなる重要なもの。しかし日本のホワイトカラー業務では無視され続け、それが意味のない長時間労働と日本経済低迷の一因となっています。そうした状況を打開するため、超人気ブロガーが生産性の重要性と上げ方を多数の事例とともに解説します。

本を購入する
著者セミナー・予定
(POSデータ調べ、11/20~11/26)


注目のトピックスPR


花輪陽子

1978年、三重県生まれ。ファイナンシャル・プランナー。青山学院大学国際政治経済学部を卒業後、外資系の投資銀行に入行。OL時代は借金200万円の“貯まらん女”だった。新婚早々に「夫婦同時失業」というどん底を経験し現職に至る。著書に『夫婦で貯める1億円! 』(ダイヤモンド社)、『30代で1000万円貯める!共働き夫婦のマネー術』(日本経済新聞出版社)など。テレビ出演、雑誌での監修多数。


夫婦で貯める1億円!

ふたりで力を合せれば、1億円も夢じゃない! 夫婦がバラバラの方向を向いて頑張るより、一緒に目標を立てて取り組む方が、ずっとラクにお金を貯めて増やすことができます。ふつうの暮らしに「貯まる仕組み」を組み入れる方法をお伝えします。

「夫婦で貯める1億円!」

⇒バックナンバー一覧