ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
夫婦で貯める1億円!
【第4回】 2012年12月6日
著者・コラム紹介バックナンバー
花輪陽子,花輪俊行

トイレの便座のふたを閉めると節約になる!?
家計管理のやり方と節約ワザを紹介!

1
nextpage

ファイナンシャル・プランナーの花輪陽子さんと、夫の花輪俊行さんによる連載4回目は、家計管理と節約ワザについてです。家計を瞬時に夫婦で見える化するカンタンな方法とは?トイレの便座のふたを閉めると節約になる…!?などなど、へぇ~と唸るワザを紹介します。

頑張って稼いだお金を守るために

 前回は、4大固定費のリストラ方法をお伝えしました。今回は、家計管理術と節約術をお伝えします。

 「節約とか意味あるの?」
 と思う方もいるかもしれません。
そういう方は、「節約は仕事で稼いだお金を守るためにするものだ」と考えてはいかがでしょうか。

 考えなしに使っていては、頑張って稼いだお金もすぐになくなってしまいます。
 余裕資金を作ることができず、そうなると、「ここぞ」という時にお金を使うこともできなくなります。

 私のようにフリーで仕事をしている方は、先行投資をしていかないと収入が全く入ってきません。
名刺1枚刷るにもどこが安いかを比較して、安いところで発注し、浮いたお金を「宣伝広告費」や「接待交際費」にあてるなどメリハリをつけていかないと、あっという間に収入ゼロになってしまいます。

 会社員の方も、もちろん自己投資が必要でしょう。金融投資もできたらしたい。
 自己投資にせよ、金融投資にせよ、今は時代の過渡期ですから、幅広く種まきをしておいて、チャンスが来たら収穫できるようにしたいものです。

 そのための資金を、お金を大切に使うことでねん出する。これが節約の意義ではないでしょうか。

1
nextpage
スペシャル・インフォメーションPR
ダイヤモンド・オンライン 関連記事
自分の時間を取り戻そう

自分の時間を取り戻そう

ちきりん 著

定価(税込):本体1,500円+税   発行年月:2016年11月

<内容紹介>
生産性は、論理的思考と同じように、単なるスキルに止まらず価値観や判断軸ともなる重要なもの。しかし日本のホワイトカラー業務では無視され続け、それが意味のない長時間労働と日本経済低迷の一因となっています。そうした状況を打開するため、超人気ブロガーが生産性の重要性と上げ方を多数の事例とともに解説します。

本を購入する
ダイヤモンド社の電子書籍
(POSデータ調べ、11/20~11/26)


注目のトピックスPR


花輪陽子

1978年、三重県生まれ。ファイナンシャル・プランナー。青山学院大学国際政治経済学部を卒業後、外資系の投資銀行に入行。OL時代は借金200万円の“貯まらん女”だった。新婚早々に「夫婦同時失業」というどん底を経験し現職に至る。著書に『夫婦で貯める1億円! 』(ダイヤモンド社)、『30代で1000万円貯める!共働き夫婦のマネー術』(日本経済新聞出版社)など。テレビ出演、雑誌での監修多数。


夫婦で貯める1億円!

ふたりで力を合せれば、1億円も夢じゃない! 夫婦がバラバラの方向を向いて頑張るより、一緒に目標を立てて取り組む方が、ずっとラクにお金を貯めて増やすことができます。ふつうの暮らしに「貯まる仕組み」を組み入れる方法をお伝えします。

「夫婦で貯める1億円!」

⇒バックナンバー一覧