ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
結婚したらやっておくべきお金のこと
【第2回】 2011年6月28日
著者・コラム紹介バックナンバー
中村芳子 [ファイナンシャル・プランナー]

貯蓄上手のカップルと、
お金が貯まらないカップルの差は
どこにあるのか?

1
nextpage

貯蓄上手のカップルとお金が貯まらないカップルは、お金に対する根本的な態度が違う。お金がたまっていくカップルの共通点と、お金を貯めていくためのルールについて、ベストセラー『20代のいま、やっておくべきお金のこと』の著者が語ります。

健全な家計とは、
貯金している家計のこと 

 これまで、いろいろなカップルの相談にのり、千組以上のカップルの家計や貯蓄をみてきた。

 最近の20代30代には節約上手なカップルが多い。

 料理上手な夫が毎朝夫婦2人分の弁当をつくっている、外で飲む代わりに友人同士で自宅に招きあって家飲みを楽しむなど、お金を使わずに楽しむ方法をいろいろ実行していて、精神的にも豊かだ。感心させられる。

 一方で、クレジットカードのリボ払いやカードローンの支払に追われているカップルからの深刻な相談もある。

 貯蓄上手のカップルとお金が貯まらないカップルは、お金に対する根本的な態度が違う。

 貯まらないカップルに共通するのは、「月末にお金が残ったら貯金しよう」「給料が上がって余裕ができたら貯金しよう」「子どもが生まれてから貯金しよう」と考えていること。

 これは大きな間違いだ(ここにさらに、安易なカードの使い方が加わると問題になる)。

 貯金は、給料が多くても少なくても、余裕があってもなくても、子どもが生まれても生まれなくても、20代でも30代でも40代でもするべきこと。

 これが貯金の第1ルールだ。

 そしてそれを、退職までずっと続けていく。

 健全な家計とは、毎年貯金ができていて、それが年々増えていく家計のことだ。

 貯めるには、目の前の楽しみをぐっと我慢しなければならない。

 我慢できるのは、自分と家族を愛しているからにほかならない。

 貯金は将来の自分と家族へのプレゼントだから、苦しい義務じゃなくて喜びになる。

 自分と家族の3年後、5年後、10年後に想像力を働かせよう。

 やがて生まれてくるわが子のため、ママになる妻/パパになる夫のため、家族で楽しく暮らすために、結婚10年目を祝うために、成長していく子どもたちのために。

 もちろん今の生活も楽しみたい。

 将来の備えるために今の楽しみをすべて犠牲にするのは不健全だ。

 だから大切なのは、今使うお金と、将来の自分と家族にプレゼントするお金とにバランスよく配分することだ。

 現在と将来のバランス。これこそが結婚マネー成功のキーワードだ。


中村芳子 [ファイナンシャル・プランナー]

有限会社 アルファ アンド アソシエイツ代表取締役。
1986年よりFP業に携わる日本のFPの草分け。 女性FP協会(現WAFP関東)の設立者の一人、初代理事長。
1991年に会社を設立。パーソナル・コンサルティング、金融記事の執筆、金融企画のアドバイスなどを行っている。20代30代のマネー啓蒙に特に力を入れている。
マネックス証券創業時より7年間アドバイザーをつとめる。みずほ銀行の夫婦向けマネーサイト「おうちのおかね」を監修。
著書は、ベストセラーの『20代のいま、やっておくべきお金のこと』ほか多数。

 

1
nextpage
スペシャル・インフォメーションPR
ダイヤモンド・オンライン 関連記事
自分の時間を取り戻そう

自分の時間を取り戻そう

ちきりん 著

定価(税込):本体1,500円+税   発行年月:2016年11月

<内容紹介>
生産性は、論理的思考と同じように、単なるスキルに止まらず価値観や判断軸ともなる重要なもの。しかし日本のホワイトカラー業務では無視され続け、それが意味のない長時間労働と日本経済低迷の一因となっています。そうした状況を打開するため、超人気ブロガーが生産性の重要性と上げ方を多数の事例とともに解説します。

本を購入する
著者セミナー・予定
(POSデータ調べ、11/20~11/26)


注目のトピックスPR


中村芳子 [ファイナンシャル・プランナー]

有限会社 アルファ アンド アソシエイツ代表取締役。
1986年よりFP業に携わる日本のFPの草分け。 女性FP協会(現WAFP関東)の設立者の一人、初代理事長。 1991年に会社を設立。パーソナル・コンサルティング、金融記事の執筆、金融企画のアドバイスなどを行っている。20代30代のマネー啓蒙に特に力を入れている。 マネックス証券創業時より7年間アドバイザーをつとめる。みずほ銀行の夫婦向けマネーサイト「おうちのおかね」を監修。

主な著書に「結婚したら、やっておくべきお金のこと」「20代のいま、やっておくべきお金のこと」「生きる力を与えてくれる 聖書88の言葉」(以上ダイヤモンド社) 「女性が28歳までに知っておきたいお金の貯め方」(三笠書房) 「図解 生命保険のカラクリがわかる本」(東洋経済新報社)「はじめての保険・年金」(共著/日本経済新聞社)、「英語が話せる子の育て方」(中経出版)などがある。 2011年7月に「学校も会社も教えてくれないお金のこと」(徳間書店)を刊行。

 


結婚したらやっておくべきお金のこと

ベストセラー『20代にしなければならないお金のこと』の著者が語る、結婚を考えている人に贈る「お金の考え方」。「結婚したら、真剣にお金に取り組まないと自分の人生も家族の人生も、満足できないものになる」「フツーの収入でも共働きならラクラク1億円貯まる!」など、お金が増えるためのルールをお伝えします。

「結婚したらやっておくべきお金のこと」

⇒バックナンバー一覧