ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
銀行も不動産会社も教えてくれない、正しい住宅ローンの選び方
【第2回】 2012年12月11日
著者・コラム紹介バックナンバー
深田晶恵

「頭金ゼロでOK」「家賃並みの返済額で購入可」など
住宅を買うときのセールストークにだまされるな!

1
nextpage

「頭金ゼロでもOK!」「毎月、家賃並みの返済額で買えます」「住宅ローンの返済額は、年収の25%以内までなら大丈夫」——住宅のチラシや不動産会社の営業マンのセリフには、「マイホームを買いたい」という気分を盛り上げ、「自分にも買えそう」と感じさせるセールスポイントが盛り込まれています。
しかし、こうした売り文句を信じて住宅ローンを組むと、「ビンボー生活まっしぐら」ということになりかねません。「銀行も不動産会社も教えてくれない、正しい住宅ローンの選び方」、第2回は、売り手側の情報にひそむ“落とし穴"をチェックしましょう。

売り手側のセールストークに惑わされてはいけない!

 マンションなどの住宅チラシで素敵な写真や間取り、設備などの情報を見て、「そろそろマイホームを買いたいな」「こんなマンションに住みたい」などと気分が盛り上がった経験をお持ちの方は多いでしょう。

深田晶恵(ふかた あきえ)  ファイナンシャルプランナー(CFP)、(株)生活設計塾クルー取締役。1967年、北海道生まれ。外資系電機メーカーを退職後、96年にFPに転身。日本経済新聞、日経WOMAN、日経ビジネスAssocie等でマネーコラムを連載中。国土交通省「住宅ローン商品改善ワーキングチーム」および「消費者保護のための住宅ローンに係る情報提供検討会」、住宅金融普及協会「住宅ローンアドバイザー運営委員会」委員を歴任。こうした委員会で金融機関と不動産事業者に住宅ローンのリスクの説明を義務づけるガイドライン作りを提唱するのが目下のライフワーク。主な著書に『30代で知っておきたい「お金」の習慣』『「投資で失敗したくない」と思ったら、まず読む本』他多数。
twitter:
http://twitter.com/akiefukata
生活設計塾クルー http://www.fp-clue.com/

 そこでチラシに掲載されている住宅ローンの返済例に目を向けると、頭金ゼロで毎月の返済額は家賃とあまり変わらないプランが載っていたりします。「賃貸に住み続けて家賃をずっと払うのはもったいないし、買った方がトクかも……」と思うのも、無理はないと思います。

 こうしてすっかり「マイホームを買いたい!」と熱くなった状態でマンションのモデルルームや住宅展示場に出かけていくと、今度は営業マンが「消費税アップの前が買い時です」「低金利の今を逃してはいけません」と購入を煽ります。

 さらに、「年収から逆算するとこれくらいの物件はラクに買えます」「頭金ゼロでも大丈夫です。頭金をこれから貯めると、金利が上がっていくかもしれませんから、低金利の今のうちにローンを組んで買ったほうがおトクですよ」などと聞かされれば、「急いで買ったほうがいいかな」と気持ちは焦るばかりです。

 しかし、こうした営業マンのセリフは、すべて「物件を売るためのセールストーク」にすぎません。

 マイホームを買いたい気持ちでいっぱいのときにはなかなか気がつかないものですが、売り手によって提供される情報は、内容が偏るものだということに注意が必要です。

 もしあなたが営業マンのセールストークに乗せられて無理な住宅ローンを組み、万が一、ローン返済が困難になっても、住宅の売り手には何の責任も発生しないことを心に留めておかなくてはならないのです。

1
nextpage
スペシャル・インフォメーションPR
  • ダイヤモンド・オンライン 関連記事
    借りたら返すな!

    借りたら返すな!

    大久保 圭太 著

    定価(税込):本体1,500円+税   発行年月:2017年7月

    <内容紹介>
    会社がつぶれないためには、会社に「お金」があればいい。つぶれない会社に変わるための「銀行からの調達力を上げる7つのステップ」や「儲ける会社がやっている6つのこと」、「つぶれそうな会社でも、なんとかる方法」などを紹介。晴れの日に傘を借りまくり、雨になったら返さなければいい、最強の財務戦略を指南する。

    本を購入する
    ダイヤモンド社の電子書籍

    (POSデータ調べ、8/6~8/12)



    深田晶恵 

    ファイナンシャルプランナー(CFP)、(株)生活設計塾クルー取締役。

    1967年北海道生まれ。外資系電器メーカー勤務を経て96年にFPに転身。現在は、特定の金融機関に属さない独立系FP会社である「生活設計塾クルー」のメンバーとして、個人向けコンサルティングを行うほか、メディアや講演活動を通じて「買い手寄り」のマネー情報を発信している。20年間で受けた相談は4000件以上。日本経済新聞、日経WOMAN、レタスクラブ等でマネーコラムを連載、ほかにダイヤモンド・オンラインでの『40代から備えたい 老後のお金クライシス!』のネット連載も 好評。

    主な著書に『30代で知っておきたいお金の習慣』、『投資で失敗したくないと思ったら、まず読む本』『住宅ローンはこうして借りなさい 改訂5版』(共にダイヤモンド社)、『共働き夫婦のための「お金の教科書」』、『図解 老後のお金安心読本』(共に講談社)他多数。
    1967年北海道生まれ。外資系電器メーカー勤務を経て96年にFPに転身。現在は、特定の金融機関に属さない独立系FP会社である「生活設計塾クルー」のメンバーとして、個人向けコンサルティングを行うほか、メディアや講演活動を通じて「買い手寄り」のマネー情報を発信している。18年間で受けた相談は3500件以上。日本経済新聞、日経WOMAN、ダイヤモンド・オンライン等でマネーコラムを連載中。
    主な著書に『30代で知っておきたいお金の習慣』『投資で失敗したくないと思ったらまず、読む本』、『住宅ローンはこうして借りなさい 改訂5版』(共にダイヤモンド社)(共にダイヤモンド社)、『共働き夫婦のための「お金の教科書」』『図解 老後のお金安心読本』(共に講談社)他多数。


    銀行も不動産会社も教えてくれない、正しい住宅ローンの選び方

    本連載は、累計11万部突破の『住宅ローンはこうして借りなさい』の最新版、改訂4版より、最新情報をピックアップしてご紹介。史上最低金利に突入、さらに銀行間の競争によって多彩になった住宅ローン。しかし住宅ローンはいわゆる借金。きちんとした知識がないと借りすぎてしまう可能性も!家を買う前にぜひ読んでもらいたい1冊です。

    「銀行も不動産会社も教えてくれない、正しい住宅ローンの選び方」

    ⇒バックナンバー一覧