ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
伊藤元重の日本経済「創造的破壊」論

「財政ブラックホール」に吸い込まれる貯蓄
この貯蓄を「将来への投資」に振り向けよ

伊藤元重 [東京大学大学院経済学研究科教授]
【第24回】 2012年12月17日
著者・コラム紹介バックナンバー
1
nextpage

ブラックホールに吸い込まれる
日本の貯蓄資金

 日本には潤沢な貯蓄がある。家計部門は将来への不安から貯蓄に励んできた。企業部門も守りの経営を固め、投資を控えて企業貯蓄を積み上げてきた。こうした潤沢な貯蓄資金が金融市場に流れ込み、国債購入に回っている。日本の貯蓄が日本の国債購入を支えているのだ。

 個人や企業のレベルでは将来に備えて貯蓄に励んでいる。しかし、マクロ経済で見れば、その貯蓄の大半は財政赤字というブラックホールに吸い込まれてしまっている。この財政赤字は基本的に社会保障費によるものと考えてよいだろう。社会保障制度の改革がなかなか進まないなかで、社会保障費の公費負担が毎年増えている。それが財政赤字となって、民間貯蓄を吸収する結果となっている。

 社会保障制度は重要である。高齢化が進めば、社会保障費が拡大することは当然だろう。ただ、それが財政赤字という形をとれば、貯蓄資金を吸収することになる。本来であれば、将来への投資のために使われなくてはいけない貯蓄資金が、財政赤字の穴埋めに使われている。将来への投資を行わない社会の未来は明るくない。

 将来への投資はいろいろな形をとりうる。公共投資や設備投資だけではない。若い人たちへの教育投資もあるだろう。少子高齢化に対応するため子育てを支援することも、将来への投資と言える。科学技術への投資や海外への投資も将来への投資である。こうしたさまざまな形の投資を行うことで、はじめて将来に希望を持つことができる。しかし残念ながら、日本の潤沢な貯蓄の多くはこうした投資に回っていないのだ。

1
nextpage
関連記事
スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR

話題の記事

伊藤元重 [東京大学大学院経済学研究科教授]

いとう もとしげ/1951年静岡県生まれ。東京大学大学院経済学研究科教授。安倍政権の経済財政諮問会議議員。経済学博士。専門は国際経済学、ミクロ経済学。ビジネスの現場を歩き、生きた経済を理論的観点も踏まえて分析する「ウォーキング・エコノミスト」として知られる。テレビ東京「ワールドビジネスサテライト」コメンテーターなどメディアでも活躍中。著書に最新刊『日本経済を創造的に破壊せよ!』(ダイヤモンド社)等多数がある。


伊藤元重の日本経済「創造的破壊」論

「大いなる安定」の時代が去り、世界経済は激動期に突入した。新たな時代を迎えるための破壊と創造が求められるなか、日本経済が進むべき道とは?少子高齢化、グローバル化、IT化の進展といった長期トレンドを踏まえつつ、伊藤教授が現状のさまざまな問題を分析。20年後の日本経済を活性化する正しい戦略を提示する!

「伊藤元重の日本経済「創造的破壊」論」

⇒バックナンバー一覧