ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
テーマで読み解く2013年の課題と展望

【テーマ7】消費動向
過去の豊かさと決別した「ニューノーマル消費」定着
“成人子ども”との「一族消費」が価値観も変える!

【第9回】 2013年1月22日
著者・コラム紹介バックナンバー
1
nextpage

2013年の消費者心理は
震災後の変化を引き継ぐ

 現在の消費市場を分析し、今後の動向を予測する上で、「ニューノーマル消費」は頻出ワードの一つだ。

 ニューノーマルとは2008年9月のリーマンショック後に、米資産運用大手ピムコのCEO、モハメド・エラリアン氏が提唱したものだ。「もはや、元には戻らない」ことを意識し、過去の豊かさや便利さから決別する。そして、必要以上の贅沢や無駄を省き、身の丈に合った経済・消費活動が定番化するようになるという意味が込められている。

 日本では、2011年3月11日に東日本大震災が発生し、人々は政治や経済の混迷を経験。その混乱から1年が経過した2012年、リーマンショック後の米国と同様に、誰もが「震災前の状態には戻らない」と感じるようになった。

 消費行動にはそれを踏まえて、以下のような傾向がありそうだ。

・所得の範囲内で堅実に
・商品を賢く選択しメリハリをつけ、限られた贅沢を楽しむ
・人と分かち合う
・地域や家族と共に消費し、幸福感を求める

 これらは、震災後から続いており、2013年の消費市場も、基本的にはこの傾向の延長にあると見られている。2012年にヒット商品として急浮上した「格安航空会社(LCC)」「塩麹」、また「食材を無駄にしないリメーク料理」などは、この流れを反映した典型例だろう。

1
nextpage
関連記事
スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR

話題の記事


テーマで読み解く2013年の課題と展望

昨年末、日本では自民党・公明党が政権を奪還し安倍内閣が発足。中国では習近平体制へと移行し、韓国でも朴槿惠新大統領が指揮を執る。日本を取り巻く環境が未だ視界のはっきりしない中スタートした2013年は、どのような年になるのか。重要テーマごとに、課題と展望を探る。

「テーマで読み解く2013年の課題と展望」

⇒バックナンバー一覧