ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
僕は人生の宿題を果たす旅に出た
【第2回】 2013年3月7日
著者・コラム紹介バックナンバー
リー・クラヴィッツ,月沢李歌子

人生はあっという間に過ぎていく。
やり残した「人生の宿題」のリストを
作るなら今だ。

1
nextpage

猛烈仕事人間だった主人公は、「忙しい」を理由にたくさんの人間関係を捨ててきた。学生時代の友人の娘が亡くなったことを知りながら、お悔みの手紙一通出さなかった。よき理解者だった叔母が行方知れずになっても探そうともしなかった。卒業旅行の途中で「帰国したらすぐに返すから」といって友だちからお金を借りた。でも返さなかった。そうして旅行の思い出を語り合えるかけがえのない友だちを失った――。
どうして人を大切にできなかったのだろう。もう関係修復は不可能なのだろうか。
新刊『僕は人生の宿題を果たす旅に出た』(リー・クラヴィッツ著)は、リストラされたのを機に、捨ててきた人間関係を取り戻そうと決めた男の物語である。彼は、関係を修復したい10人を選び、職探しをする代わりに1年かけて、再会を果たそうと決意する。
はたして彼は、大切な人との絆を結び直すことに成功するのだろうか。
『僕は人生の宿題を果たす旅に出た』のなかからプロローグの後半を掲載する。リストラされて初めて時間ができた主人公は、何十年も放っておいた段ボール箱の数々を開けてみた。するとそこには、数々の思い出が詰まっていて――。

思い出の詰まった段ボール箱

 段ボール箱からは、過去二十五年のあいだに、親戚たちと一緒に撮った写真が出てきた。僕の結婚式や、ベンジャミンとキャロラインがまだエリザベスのお腹にいるときのものだ。

 なぜ、僕たちはもっと頻繁に集まらなかったのだろうか。もちろん、仕事で忙しかったからだ。僕たち家族は、みんなこの病に罹っているのである。

 人生はあっというまに過ぎていく。十五歳だった僕が、いまや五十五歳になり、やがてこの世を去る。それは僕を愛し、育ててくれた人も同じだ。

 母方の祖母、愛するナナ・バーティがひとりでは暮らせないことを証明する、医師の診断書があった。僕が六歳のとき、祖母はゴー・フィッシュというトランプのやり方を教えてくれた。八歳のとき、いんちきをした僕を叱った。十二歳、十五歳、十七歳、二十一歳のときは卒業式に参列して、ゴー・フィッシュでいんちきをしたことがあるが、それでも僕を誇りに思う、とみんなに言ってくれた。

1
nextpage
スペシャル・インフォメーションPR
  • ダイヤモンド・オンライン 関連記事
    借りたら返すな!

    借りたら返すな!

    大久保 圭太 著

    定価(税込):本体1,500円+税   発行年月:2017年7月

    <内容紹介>
    会社がつぶれないためには、会社に「お金」があればいい。つぶれない会社に変わるための「銀行からの調達力を上げる7つのステップ」や「儲ける会社がやっている6つのこと」、「つぶれそうな会社でも、なんとかる方法」などを紹介。晴れの日に傘を借りまくり、雨になったら返さなければいい、最強の財務戦略を指南する。

    本を購入する
    ダイヤモンド社の電子書籍

    (POSデータ調べ、8/6~8/12)



    リー・クラヴィッツ

    イェール大学卒業。コロンビア大学ジャーナリズム大学院で学び、六億人の読者を有する新聞折り込み雑誌『Parade』の編集長を務める。三十年以上のキャリアを持つジャーナリスト。現在、妻と三人の子どもたちとともに、マンハッタンとニューヨーク州クリントン・コーナーで暮らしている。

    月沢李歌子

    津田塾大学卒業後、外資系金融機関を経て翻訳家になる。主な訳書に『ラテに感謝!』『新訳 積極的考え方の力』(ダイヤモンド社)、『ディズニーが教えるお客様を感動させる最高の方法』(日本経済新聞出版社)、『スターバックス再生物語』(徳間書店)がある。


    僕は人生の宿題を果たす旅に出た

    出しそびれた手紙、失ってしまった大切な人との絆、果たせなかった約束――。日々の生活に追われる中で見失ってしまったものはもう取り戻せないのか。雑誌の編集長として仕事一筋の生活を続けていたリーは、ある日突然リストラにあう。自身の来し方を振り返るなかで気づいたのは、自分がいかにこれまで人間関係にいい加減だったかだ。職探しをする代わりに一年かけて不義理を償い、関係を修復しよう。そして十の心残りを果たしたあとで彼が得たものは……。

    「僕は人生の宿題を果たす旅に出た」

    ⇒バックナンバー一覧