ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
30代を後悔しない50のリスト――自らキャリアを切り開いた4人との特別対談
【第4回】 2011年11月4日
著者・コラム紹介バックナンバー
大塚 寿 [エマメイコーポレーション代表取締役]

先人たちは何を後悔しているのか?
最後は人間関係に後悔が集中する理由
川北義則×大塚寿 対談【後編】

1
nextpage

後悔のない人生を送るために必要なことは何か?『「20代」でやっておきたいこと』など各年代の生き方を教示する川北義則さんと、12万部突破の『40代を後悔しない50のリスト』の著者・大塚寿さんが語る、後悔する人、しない人の小さくも大きな違い。

自分のテーマは「自分の外」にある。
仕事のなかに人生を入れるな!

大塚:私の『30代を後悔しない50のリスト』でも、「自分のテーマが見つからなかった」という後悔を紹介して、「自分の中」にテーマを見つけることの無意味さを書いたのですが、川北さんの最新刊『人生はすべて「逆」を行け』でも、「自分探しはがらくた探し」と書かれていますよね。

かわきた・よしのり/1935年大阪府生まれ。出版プロデューサーとして活躍するかたわら、生活経済評論家、エッセイストとして新聞や雑誌などに執筆中。100冊を超える著書のなかで、20代の若者からシニア世代に向けて「人生を豊かに愉しく生きる」ことに主眼を置いたエッセイを数多く執筆しており、豊富な人生経験に裏打ちされた言葉には定評がある。著書に『人生はすべて「逆」を行け』など多数。 川北義則公式ブログ

川北:「自分探し」という言葉は一見、格好いいかもしれないけど、いくつになっても、なかなか自分なんてわかるもんじゃないですよ。そんなことやっている暇があったら、仕事しろって言いたくなりますね(笑)。

大塚:確かにそうですね。自分の中を一生懸命探しても、結局見つからなかったという後悔は多くの諸先輩たちが経験しています。特に人生の土台をつくる30代に、自分が追い求めるテーマを見つけたいという願望は強いですね。川北さんがお書きになっていることと非常に似ていると思うのですが、私も後悔している人たちを目にして、「自分のテーマ」を自分の中に見つけようとしたことが、結果として見つからなかったのだと考えています。そうではなくて、テーマは「自分の外」にあるという認識を持って、他者と深く触れ合ったり、社会や組織と関わることで、行動の中から自然と生まれてくるものが自分のテーマなのだと。

 成功したり失敗したり、素手で、ときには痛い思いをしながら試行錯誤していくなかで、「ああ、これが自分の生き方だったのかな」と、はじめて見えてくるものですよね。後悔していない人、つまり、自分のテーマを見つけられた人に共通するのは、必死に自分探しをしている人ではなくて、とにかく行動していた人だと思います。

川北:自分のテーマなんて、簡単には見つけられないですよ。特に男性はロマンチストだから、夢とか生きがいをみんな追うものだけれど、もしかしたら、その辺は女性にはわからないかもしれないですね。女性のほうがリアリストだから現実をちゃんと見ているけど、男性は夢ばかりずっと追っているということもある。いずれにしろ、そんなに真剣になって探したって見つかるものじゃないですよ。

おおつか・ひさし/1962年群馬県生まれ。株式会社リクルートを経て、現在、オーダーメイド型企業研修を展開するエマメイコーポレーション代表取締役。30代で起業、結婚、出産、育児、家の購入のすべてを経験し、人生の土台作りを行う。また、積極的に地域社会と関わり、仕事と家庭の両立も行うことで、40代で年収を10倍アップさせた。著書に『40代を後悔しない50のリスト』など多数。 http://emamay.com/

大塚:ただ、見つけることは本当に難しいですが、「出合う」ことはあると思うんです。ある瞬間に、「ああ、これだ」というように。たとえば、私の場合でいうと、営業というジャンルの中で、「法人営業」を極めようという瞬間がありました。最初は自分の進む道がわからなかったけれど、いろいろな世界に挑戦していくことで、自分の得意不得意がわかってきて、あるとき「法人営業」が自分の生きる道なんだ、自分が一番やりたいことだったんだと、わかる瞬間というのがありました。

川北:なるほど。確かにそういうことはありますね。人生のテーマというのは、20代や30代から芽生えてくるから、まずはいろいろと挑戦してみることですね。大学を卒業して就職して数年くらいじゃ、何がやりたいかとか、自分はどういう人間になにたいのかなんて、わかるわけないですよ。わからないのが当たり前であって、仕事をしたり、現実の世界で揉まれていくうちに、「ああ、私はこれをやってみたいな、これで行こう」と、自分の方針が決まってくるんですよ。それがだいたい30代ですかね。だから、自分の方針を見つけようと思ったら、早いうちからいろいろと行動してみることですね。

大塚:やはり重要なのは行動ですね。考えても結論なんて出ないのだから、うんうんうなって考えているばかりだと、自分の経験に裏打ちされていないですから、結局は周りの意見に流されてしまうだけですよね。

川北:流されるでしょうね。そうやってずっと流されていって、気づいたら定年になって、自分のやりたいことなんてなくて、何のために働いていたのかもよくわからなくなってしまうんです。生活のためだけに働いている状態になってしまいますよ。でも、仕事というのはそういうものじゃないですよ。人生というのも、そういうものじゃないです。だから、僕は「人生のなかに仕事を入れてもいいけど、仕事のなかに人生を入れるな」とよく書くんですよ。

大塚:「人生のなかに仕事を入れてもいいけど、仕事のなかに人生を入れるな」。いい言葉ですね。

川北:うん。人生の中には当然、仕事が入ってくる。それは構わない。だけど、仕事の中に人生を入れちゃいけない。自分の意思で積極的に行動していないと、周りに流されてばかりで、結局その人の人生はただ会社に通って仕事をしているだけの人生になってしまうんですよ。もちろん、人生というのは仕事だけじゃないですからね。

1
nextpage
スペシャル・インフォメーションPR
ダイヤモンド・オンライン 関連記事
キーワード  失敗談
いまの科学で「絶対にいい!」と断言できる 最高の子育てベスト55

いまの科学で「絶対にいい!」と断言できる 最高の子育てベスト55

トレーシー・カチロー 著/鹿田 昌美 訳

定価(税込):本体1,600円+税   発行年月:2016年11月

<内容紹介>
子どもの豊かな心を育て、頭と体を伸ばしていくために親が知っておきたいことについて、最新の科学研究をもとに「最も信頼」できて「最も実行しやすい」アドバイスだけを厳選して詰め込んだ貴重な本。子にかけるべき言葉、睡眠、トイレトレーニング、遊び、しつけまで、これ一冊さえ持っていれば大丈夫という決定版の1冊!

本を購入する
ダイヤモンド社の電子書籍
(POSデータ調べ、11/20~11/26)


注目のトピックスPR


 

大塚 寿(おおつか・ひさし) [エマメイコーポレーション代表取締役]

1962年、群馬県生まれ。株式会社リクルートを経て、アメリカ国際経営大学院(サンダーバード校)でMBAを取得。現在、オーダーメイド型企業研修を展開するエマメイコーポレーション代表取締役。
挫折の多かった10代、「もっとやれるはずだ」という想いと現実とのギャップに悶々とした20代を過ごした。なんとか現状を変えようと、リクルートの営業マンという立場から、社内外の大手企業・中小企業の管理職や経営者1万人以上にアドバイスを求めるが、その中でも40代を後悔している人が特に多いことを発見。その轍を踏まないように準備し、40代で自己実現を果たす。歴史上の成功者よりも、身近な市井の人の成功・失敗に学ぶことの合理性を痛感している。
著書にシリーズ累計28万部の『40代を後悔しない50のリスト』『30代を後悔しない50のリスト』『結婚を後悔しない50のリスト』(以上ダイヤモンド社)など多数。


30代を後悔しない50のリスト――自らキャリアを切り開いた4人との特別対談

12万部のベストセラーとなった『40代を後悔しない50のリスト』の30代編がついに登場!発売を記念して、著者の大塚寿氏と、さまざまな分野でキャリアチェンジして活躍する4人(藤原和博/川北義則/桑野克己/渡辺佳恵)との「後悔しない生き方」対談。

「30代を後悔しない50のリスト――自らキャリアを切り開いた4人との特別対談」

⇒バックナンバー一覧