ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
いまこそ読みたい! ダイヤモンド社100年100冊
【第2回】 2013年3月14日
著者・コラム紹介バックナンバー
坪井賢一 [ダイヤモンド社論説委員]

世界の「限界」をいち早く予測し、
その危機への方策を示した指針の書
『成長の限界――ローマ・クラブ「人類の危機」レポート』

1
nextpage

世界の人口は、5億人から10億人に倍加するのに250年かかった。しかし、35億人から70億人になるのにはたった40年しか要さなかった。爆発的な人口に対し、食糧の増産は限度があり、資源はただただ減り続ける――。
その警告的な内容は刊行当初から反響を呼び、後に石油ショックが起こるなど現実味を増すごとにさらなる注目を集めてきた驚異のベストセラー『成長の限界』。刊行から40年の時を経ても色褪せない未来への知見とは?
ダイヤモンド社100年の歴史の中から未来へ読み継ぎたい100冊を紹介する連載第2回です。

1972年時点で見通された
世界の成長の限界

 今回紹介する『成長の限界』は、原書も邦訳もほぼ同時、1972年5月に出版されました。今から41年も前のことです。世界中で次々に翻訳され、各国で大きな反響が起きました。そして現在まで版を重ね、読み継がれている驚異的なロングセラーとなっています。

『成長の限界――ローマ・クラブ「人類の危機」レポート』
1972年5月発行。シンプルな装丁は古さを感じさせない。地のモチーフは地図、航空写真。
[画像を拡大する]

 本書が論証する主題は三つ、第一に世界の人口は幾何級数的に増大すること、第二に食糧の増産は算術級数的な増加にとどまること、第三に地下資源は有限であること。すなわち、世界の成長には限界がある、ということです。

 幾何級数は等比数列、算術級数は等差数列のことです。等比数列は金利の複利計算と同じです。100万円を年利5%で回すと1年後に105万円、2年目は105万円の5%が付加されていきます。この数列が等比数列です。資産価格の現在割引価値を求める際にも使いますね。

 さて、この主題だけなら英国の経済学者トマス・マルサス(1766-1834)が200年近く前の『人口論』(1798)で書いています。マルサスは「したがって不可避的に貧困が発生する」という結論を導きます。

 ローマ・クラブのレポートは、当時の動態的な理論によってシミュレーションを行ない、明確に時期まで予測しました。動態的理論とは、スタンフォード大学で開発されたシステム・ダイナミクスと呼ばれる理論で、ある系(システム)の中の要素はすべて相互依存関係があるとして図示するのです。経済学で言えば一般均衡理論のような考え方です。本書にはこれらの図が多数収録され、幾何学的に理解できるように構成されています。

本文に掲載されている「世界モデル。ありとあらゆる指標の因果関係が示されている。
[画像を拡大する]

 資源の有限性についても時間を理論的に割り出しています。人口増加は本書の予測どおりに推移しましたが、資源についてはあまり当たっていません。たとえば、石油の「静態的耐用年数」を31年、金を11年、水銀を13年などと予測し、すぐに枯渇するとしています。世界が驚いた点ですが、いずれも外れました。これは当時の確認埋蔵量が少なかったためです。

1
nextpage
スペシャル・インフォメーションPR
ダイヤモンド・オンライン 関連記事
自分の時間を取り戻そう

自分の時間を取り戻そう

ちきりん 著

定価(税込):本体1,500円+税   発行年月:2016年11月

<内容紹介>
生産性は、論理的思考と同じように、単なるスキルに止まらず価値観や判断軸ともなる重要なもの。しかし日本のホワイトカラー業務では無視され続け、それが意味のない長時間労働と日本経済低迷の一因となっています。そうした状況を打開するため、超人気ブロガーが生産性の重要性と上げ方を多数の事例とともに解説します。

本を購入する
著者セミナー・予定
(POSデータ調べ、11/20~11/26)


注目のトピックスPR


坪井賢一 [ダイヤモンド社論説委員]

1954年生まれ。78年早稲田大学政治経済学部卒業後、ダイヤモンド社入社。「週刊ダイヤモンド」編集長などを経て現職。著書に『複雑系の選択』『めちゃくちゃわかるよ!経済学』(ダイヤモンド社)『浦安図書館を支える人びと』(日本図書館協会)など。


いまこそ読みたい! ダイヤモンド社100年100冊

ダイヤモンド社は2013年5月1日に創立100年を迎えることになりました。雑誌を追う形で始まった書籍事業も、ビジネスジャンルを中心に刊行点数は1万点を優に超えています。

書籍は、その時々の経済環境や流行など世相を色濃く反映しているものが多数を占めますが、時代を超えて読み継いでもらいたい名著が、私達の書棚にはたくさん並んでいます。

本連載は100周年を記念し、普遍の名著と呼ばれる作品から、今だからこそ読みたい隠れた名作まで、有名無名織りまぜた100冊を紹介していきます。ダイヤモンド社が誇るベテラン執筆陣の、単なる書評にとどまらない論説をご期待ください!

 

「いまこそ読みたい! ダイヤモンド社100年100冊」

⇒バックナンバー一覧