ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
放射能、アスベスト、有害ゴミ……「環境汚染大国ニッポン」

がれき仮置き場からアスベスト飛散
またも石巻市が「隠ぺい」

井部正之 [ジャーナリスト]
【第22回】 2013年3月18日
著者・コラム紹介バックナンバー
1
nextpage

宮城県石巻市がまたもアスベスト飛散を「隠ぺい」していた。本連載で報告してきたアスベスト飛散事故が非公表とされてきた事件に続いて、隠された震災がれきの仮置き場でのアスベスト飛散の状況を報告する。

がれき置き場で最大のアスベスト飛散

 「石巻市の震災がれき仮置き場でアスベストがかなり出ているんですが、市は公表してないんです」

 筆者のもとにこんな電話が入った。東日本大震災の発生からもうすぐ2年を迎えようとする3月上旬のことである。提供してもらった資料は2ヵ所のがれき仮置き場でアスベストが検出されていることを示す。それによれば、石巻市内の長浜仮置き場では風下とみられる敷地境界1ヵ所で大気中のアスベストを測定しており、アスベストの1つクリソタイル(白石綿)が空気1リットルあたり42本(電子顕微鏡による計測)計測されている(アスベスト以外の繊維を含む総繊維濃度は1リットルあたり180本)。

 魚町西公園の仮置き場では方角の違う2ヵ所を測定しており、1地点で空気1リットルあたりアスベスト繊維(クリソタイル)26本(総繊維濃度170本)、もう1地点ではアスベスト繊維(クリソタイル)26本を検出した(総繊維220本)。

 「最初にこの数を見たときは正直いって目を疑いましたね」と電話の主は明かす。それほど異常な数値なのだ。

 震災直後から現地入りして被災地におけるアスベストの状況を調査し、行政に対策を提言してきたNPO「中皮腫・じん肺・アスベストセンター」事務局長の永倉冬史氏も驚きを隠さない。

 「震災がれきの仮置き場で、それも敷地境界でアスベスト濃度が10本を超えた事例なんて聞いたことがない」

 環境省と厚生労働省が共催する「東日本大震災アスベスト対策合同会議」で報告されている測定結果からも、今回の測定値の異常性が裏付けられる。この合同会議は被災地各地でアスベストのモニタリング調査を実施しており、また自治体による測定結果も集約している。そのなかで報告された震災がれきの仮置き場や処理現場におけるアスベスト濃度を調べてみても、延べ626ヵ所の測定のうち、アスベスト濃度が空気1リットルあたり1本を超えたのはわずか18ヵ所しかない(2012年12月20日報告まで)。

1
nextpage
関連記事
スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR

話題の記事

井部正之 [ジャーナリスト]

地方紙カメラマン、業界誌記者を経て、2002年よりフリー。現在アジアプレス・インターナショナル所属。産業公害や環境汚染、ゴミ問題などを中心に取材している。


放射能、アスベスト、有害ゴミ……「環境汚染大国ニッポン」

2011年3月11日、東日本大震災が発生し、東京電力福島第一原子力発電所の事故による大量の放射能がまき散らされた。それ以来、私たちの生活は大きく変わった。降ってくる雨水、蛇口から出る水、スーパーで売られている食べ物……、ありとあらゆるものが、放射能に汚染されているのではと、汚染を疑わざるを得なくなったのだ。しかし、こうした私たちの生命と健康を脅かす汚染は、なにも3.11で始まったわけではない。アスベスト、他のさまざまな有害ゴミは、もともと私たちの生活のすぐそこに存在した。環境汚染大国ニッポンー◯。その実態をレポートする。

「放射能、アスベスト、有害ゴミ……「環境汚染大国ニッポン」」

⇒バックナンバー一覧